上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





こんばんは!
お久しぶりです!




初日の勤務時間前労働からのサビ残祭りで少しは仕事にも慣れ
段々家へ帰る時間が早くなってきています!


初日は家をAM6:00に出てAM1:00に帰宅していましたが
1週間も経つとPM11:00には帰れるようになりました^-^


夏頃までは休止するつもりでしたが、1日2時間程度ならプレイ時間を確保できそうです
Pvも出られるようになるのかな……
見かけたらまた声掛けてやってください!


まぁまともなブログ更新はしないんですけどね^p^



ではまた

サラダバー!











うめ





ありがとうございましゅぅぅぅぅぅぅぅ
ぶひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!











明日から社会人です!



働きたくないでござる!


働きたくないでござる!!


働きたくないでござる!!!










はたらきたくないでござるぅ







でもそんな甘いこと言っていられませんよね
リアルのゴタゴタも一旦収束して、そろそろ結婚とかも考えないとなぁと
入社前のプチ同窓会でしんみりした空気になりました……


┌(┌^o^)┐でも私が結婚しようと思ったらオランダやベルギー行かないといけないんですよね







ちなみに明日の入社式は9時開始だったのですが
会社から連絡があり8時にシフトしたそうです\(^o^)/

入社前からこれだよ……



どの部署に配属されるかで勤務時間が全然違ってくるので、今まで通りINできるかはわかりません
RS自体は続けていこうとは思っていますが、Pvなどは出られないこともあるかと思います


ついでに、最近はIN時間少ないわネタはないわで怪談話ばっかになっている上に
仕事始まるとまとまった時間が取れないので、更新頻度下げていきます


訪問者のところ見ると、ほぼ毎日確認してくれている方がいたり
ブログランキングもそこそこを維持できていたりとありがたい話ですが
これからはそんなに毎日来ていただかなくても大丈夫です(不遜)


これからはネタが一定以上溜まれば散発的に更新しようかと思います
Gメン募集から始まったブログですし、そもそもそんなに頻繁じゃなくてもいいですよね(怠慢)













攻城戦






3233351i.jpg














さ!



頂きましたよ、怪談耳^p^


こうやって黙っててもネタくれるからありがたいですね^-^-^-^



「面白おかしく編集してくれ!」

と言われましたが
もう寝るんだ、すまない(真顔)


さらっと張ってしばらく更新停止!








怪談
怪談2






本当にあった怖い話でよくある、ラストをちょっといい話で終えるシリーズ!




耳頂いた時は「なんや、ええ話やん(ホロリ」でしたが
今私がいる部屋、亡くなった伯母の部屋なのでマジで寝られなかったでござる

しかも、階段上ってる時にちょっと後ろに引っ張られる感じがして
手すりがなければ今ここにいなかったかもしれない……(;;゚д゚)ヒィィィー







たったこれだけでも疲れたし、編集しなくてよかった(怠惰)


私含め新生活の始まる方も多いかと思います
忙しいなら無理して鏡キャラ回さなくてもええんやで!
リアル優先でいきましょう



では、また会う日まで


┌(┌^o^)ノシ







ゲーム内で不夜城メンに遭遇する度にGv参加へのプレッシャー掛けられて
ハートブレイク一歩手前状態で日々を過ごしています(震え声)

4月いっぱいでうさみを去ると思いますが、一応そこで一度不夜城からアリーナに転送し
それから次のGへ移籍しようかと思っています
4月から社会人ですし、あまり忙しいようであればそのまま不夜城に居着くかと……

とりあえず750くらいまではバインドでちまちま上げていくつもりなので
健康再振りしたら寄生させてくださいね^^^^^^^
















攻城戦




うさみふぁみりぃ

ランク3攻城成功
当方2PT強、先方1PT弱?

相当久しぶりの攻めだそうですが、あの面子ですし10分きりました
自由に動けたので烈火やら裏やらバインドやら色々しましたが
以前対戦してHPないことが露見しているランサに狙われ3回死亡

後半、落ち着いて対処できて粘れたのでまずは狙われても焦らないことからですかね
いっそGvGみたいに1確ならメンタル的に楽なんですけど(




Wizard

ランク2防衛失敗
当方1PT弱、先方1PT程度

人数差はともかく敵武道の数と味方妨害職の数が噛み合わずあえなく陥落
レベル的に憑依できる相手はいましたが、WIZなし故に支援とアスヒをするだけのお仕事

手が爪なのとブロ装備してないので、スロ2カ所殺してるんですよね……
まぁ今更WIZ装備なんて集める気力も金もないのでこのままですが^p^




雪龍の零

ランク4防衛失敗
都合がつかず不参加

時間はえーから(涙目)




ζPhoenixζ

城ナッシング



















フォルダを漁ったがSSなどなかった(血涙)
今週は忙しかったからねちかたないね

なのでネタ繋ぎのための第2夜!
















「どちらさま?」






大体3年半ほど前
大学進学に伴っての単身広島暮らしにも慣れはじめ、生活にも余裕が出てきた頃の話です

住まいは市街地から山一つ隔てた郊外ではありましたが
広島市、ということで原爆ドームやらも結構近くにあり
バイト先の人達からは、出るから気をつけろよ、と脅されていました

私自身、実家住まいの頃から不可解な現象に多々遭遇していたため一笑に付すことができず
何も起こらないことを祈りながら生活していたことを覚えています

入学から半年経ち、その間何も起こらなかったことからどこか気が緩んでいたのでしょう
日付が変わる時間に鳴る不自然なインターフォンにも疑問を抱きませんでした

その時ちょうどシャワーを浴びていたため出ることはできませんでしたが
どうせいつも遅くまで飲んで騒いでいる近隣の大学生が
酔って部屋番号を間違えたのだろう、と軽く考えていました

それから10分ほど経ったでしょうか
シャワーを終え台所で冷蔵庫を漁っていると、台所の窓をスーっと人影が通りました
部屋は1Kで、流し台のすぐ隣にドアがある配置なので
部屋の前の通路を人が通れば窓から影が確認できます





ピンポーン





またかと思いましたが、流石に10分あけて連続で間違えることがあるのか?と疑問を抱き
もしや何か問題があって住民か大家が訪ねているのかと、非常識な時間帯の訪問者を迎えることに

のぞき穴はあるのですが、防犯意識の薄い田舎育ち故に疑いなくドアを開けました
しかし-------------





つい数秒前にインターフォンをならしたはずの誰かの姿は、そこにはありませんでした





通路を確認するも人っ子一人おらず、どこかのドアを開閉した音もしませんでした
急に寒気を感じた私はドアを閉め、普段はしないチェーンまでかけて
まだ残暑のつらい9月であるというのに窓を閉め切り、布団を頭から被り
音楽で夜の静けさを誤魔化しながらただ時間が過ぎるのを待っていました

どれくらい経ったでしょうか
何も起こらない安堵感からか、急に尿意を催した私は怯えながらもトイレへ
用を足して部屋に戻ると違和感

1Kなので部屋は狭く、布団を敷いている六畳間からトイレまでは1mもありません
それだけの距離ならばと、部屋の電気を付けずにトイレへ向かったのですが
錯覚なのでしょうか
何故か部屋の灯りが付いていました

そして、部屋の1面をほぼ覆う掃き出しの窓には





部屋灯りから照らされた人影が立っていました





おかしい
ありえない
灯りを付けた覚えなどないし、そもそもカーテンは閉めていたはずだ

これは夢か幻覚なんだと自分に言い聞かせ、とりあえずは灯りを消そうとするものの体は動かない
激しく瞬きを繰り返し、私も影も動かないまま時は過ぎてゆく

変化があったのは奇しくも別の来客によるものでした
インターフォンと共に、いつも聞いている同じ階の大学生の声がする
声の調子からしてどうやら酔っているようだ

相対していた影は、インターフォンに反応してドアに振り向いた瞬間消えたようでした
普段は煩わしく感じている学生の声もこの時ばかりは救世主
緊張から強ばった筋肉を安堵により弛緩させ、府抜けた表情でドアを開けると





そこには誰一人としていませんでした
























あの時の恐怖感を伝えられるだけの文章力が欲しい(迫真)

どうでもいいけど、これ書いてる間
普段はとっくに寝ているはずの犬がずっと窓の外見てました
ちょっとやめてくれる? ジャーキーあげないよ?(震え声)















おしり



併記するの忘れてたので別記事で……



不夜城さんでの交流Gvですが、鯖内では中々お相手が見つからないということで
アリーナへと繰り出すようです

とは言ってもガチではなく、あくまで交流の範疇だそうなのですが
いかんせん人の集まりがいまいちということでお悩みの様子

詳細は『こちら』からご確認ください

差し当たって、職Lvを問わず参加者募集いたします!
おう、ワイの力貸したるで! という猛者も
昔出てたけど今は敷居高いよなぁ という古強者も
ビビビビビビってねーから! Gvとか余裕だから! という新規さんも
どんどん参加お待ちしています!







images.jpg

ねー、みみりーん
交流Gvってなぁに?





imagesCATIRKUQ.jpg

しまじろうったらそんなことも知らないの?
交流Gvっていうのはね、勝つことではなく、オンラインゲーム特有の
他プレイヤーとの交流を深めるということを目的とした対人戦なのよ





images.jpg

へぇー!
でもGvってすごく強い人達が出るんでしょ?
ボク弱いからすぐ死んじゃうよ……





imagesCATIRKUQ.jpg

心配ないわよ
さっき言ったとおり勝つことが目的ではないのだから
ドンドン死んだって構わないわ
いっそ持ち物全部巻物で埋めるまであるわよ





images.jpg

そうなんだ!
それならボクでも出られそう!
早速参加表明するよ!





2005-11-12.jpg


承知
歓迎しよう

ようこそ、殺死愛世界へ





4221228933_2b1abc9ac3_m.jpg

ククク……
血湧き肉躍るわ……!

















まぁ私その日は用事があると思われるので出られません残念だなー(棒)






参加をご希望の方は、この王冠紋章を付けている方に声を掛けて頂ければ
大体権限を持った人がいるはずなのですぐに加入できるかと

アリーナ転送が終われば3日後に元のGに戻って頂けますが
アリーナってのが分からん! という方は不夜城の方に直接お聞き下さい
G恩寵やらと被ったらマズイですし、事前確認は怠らないようご注意ください


3転生



参加する皆様、ほどほどに頑張って楽しんでください^-^


2014.03.09 一人百物語











地域差はあるでしょうがまた雪降りましたね

田舎なので車に慣れないと、ということで最近乗ってるんですが
雪道は恐ろしくてガクブルでした

今までバイク乗ってたせいで、右足がブレーキってのが染みついているのか
減速すべき場面でアクセルをベタ踏みして冷や汗をかくことが多々
いつか絶対玉突き事故起こすわ……(震え声)















攻城戦




うさみふぁみりぃ

ランク2防衛成功
当方2PT弱、先方5名

ここしばらく城がないと聞いていたのですが一安心
未だG内では空気なのでここでアッピルせねば!と意気込むも
まぁあの面子だしね……
武道にちょいちょい烈火か、胴入ればバインド、あとはほとんど裏ばかり

知識範囲で結構仰け反らせていたのでポイント2カ所陥落
敵ながらやはり蘇生は鬱陶しいな、と再確認
もうちょっとGメンさんと交流図った方がいいかなと思いつつも
B6組の方や以前から知っている方以外には中々声を掛けられないチキンハート
Lv800以上↑の人って怖いし……(偏見)




ζPhoenixζ

ランク2攻城成功
当方1PT強、先方2名

まぁこの人数差ですしおすし
10分切りました




雪龍の零

ランク4攻城成功

違うんや……
出ようとは思ってた
けどいきなりPC落ちして復帰した時には既に終わってもうたんよ……

というか7時とか8時に城って勘弁して欲しいっす
ちょっと早くね?(責任転嫁)




Wizard

ランク4防衛失敗
8時10分くらいにINしたら終わってました
まぁ4攻めだと強いとこだろうし仕方ないんですかね












だんだん城がおざなりになってきた……
楽しいんですけどね、準備とかがちょっと面倒で……

















またログインキャンペーンやってますね
今回もレアマスで取引不可ボンドとか出て絶好調でありますが
金エンチャがタダで手に入るし文句は言えないですね





スタチャ













d0138170_128340.jpg







スタチャにもようやくHPつきました
「鏡すりゃいいだろwww」と思われるでしょうが
やはりそれとは別種の喜びとかありますよね

まぁあと100上げたら健康に戻すので増幅しないですけど('A`)


















覚醒で日の目を見た罠シフ



罠



ちょっとギョッとした
































1週間経ってもSSこれだけなんですよ^^^^^^^
毎週こんなんじゃ書いててもつまらないので
ネタがないなら作ればええんや! ということでいつぞや言ってた冬の怪談でも

今までいくつか不思議な経験はしてきましたが
実はそれほど「ヒッ」となるようなのはないんですね

よくよく考えるとあれありえないよなぁ、とか後になって思ったり
途中で怖くなって逃げ出したりとホラー映画で見かけるような話はないので
皆さんこういう話持ってたらドンドン下さい!


















「もやもやする話」



大体10年ほど前の出来事でしょうか?
私の実家は、私が生まれる1年前に建てられたもので
ちょうど私の部屋だけがない状態だったんです



中学生だったあの頃、私は仏間とふすまで区切られた客間を寝室代わりに寝ていました
季節はお盆休みの時期だったと思います



ふと目覚めると、閉めていたはずの仏間のふすまが開いていました
これ自体は特に珍しいことではなく、早朝に祖母が仏壇に供え物をする際
通り道にある客間で寝る私を起こさないよう
静かにふすまを開け閉めするので気づかないことが多々あったのです



枕元の時計を見ると午前5時半
夏の時期ですから既に明るく、縁側からは朝の日差しが差し込んでいました



と、そこで目に入った「もの」が



半開きのふすまの中程にひっかかった「何か」



よく見ると、それは白い指でした
ああ、おばあちゃんかな、と寝起きのぼんやりした頭で考え



「おはよう」



と、声を掛けました
いつもなら挨拶を返してくれるのですが
その時は何故か無言で、ふすまにかかった指もスッとふすまの影に隠れてしまいました



その時はさして気にはならず、喉の渇きを潤すために台所へ向かいました
仏間は客間を介して廊下と繋がっており、廊下を通らなければ台所へは行けません



この時は疑問を感じませんでしたが
普段祖母が通った後は通気のためにもふすまは開けられているのに
その日に限ってふすまは閉まっていました



台所へ入り冷蔵庫へ向かうと、そこで思ってもみない人物に遭遇



そこにいたのは祖母でした



「あれ、さっき仏間にいなかった?」



祖母は首を横に振り、先程起きたばかりだと告げます
そもそも、仏間にいたのなら今この場にいるはずがない
珍しく母がお供えに行ったのかな、と思いましたが
祖母が言うに母はまだ目覚めていない様子



見間違いかなぁと思い、出しっぱなしの布団を押し入れにしまうため再び客間へ
そこで再び不思議なことが



私は先程客間を出る際、ふすまは開けたままにしていました
しかし、ほんの1分ほど離れていた間にふすまはぴっちりと閉められていたのです



先程述べた通り、台所と客間は廊下で結ばれており
横合いの部屋などから廊下に出ることはできるものの
距離自体が短いため、誰かが通れば気づきます
そもそも、ふすまが閉じられた音さえ、朝の静かな時間では台所まで聞こえるはずです



何かおかしい
いや、寝ぼけてふすまを閉めたことを忘れたに違いない
そう自分に言い聞かせ、客間のふすまを開けると



仏間のふすまに、「白い何か」がかかっていました



途端に怖くなった私は、暑さのせいではない汗を掻きながらゆっくりと後ずさり
家の者が起き出すまでずっと居間で犬を抱えて震えていました



それからしばらくは居間で犬を抱きながら眠り
過ぎてゆく日々の中で恐怖感も薄れ、以前と同様客間で眠るようになりました
その1年後に増築が完了し、私の部屋ができたのですが
そこでも以前の記事で挙げたように不思議な出来事があったのです



実家に戻った現在、私は居間で眠っているのですが
先日、朝早くの用事のために早めに就寝をとる必要があり
居間には家人が留まるということで客間に布団を敷いていた際に
「ああ、こんなこともあったな」と思い出し
しっかりと仏間のふすまを閉じて眠りました



今でもあれが何だったのか分かりません
寝ぼけていたのか、夢の延長だったのか
仏間のふすまを跨いでその向こうを覗いたらどうなっていたのか
もやもやとした思いが残ります



そして現在午前2時半
丑三つ時ですね



なんでこんなん書いてしまったのか……(絶望)
眠れNEEEEEEEEEEEEE!!



















こんな感じで、手持ちの弾丸が尽きるまではネタが無い週に挙げていこうかと
皆さんもこういう話があれば耳でも構わないので是非どうぞ^-^








お わ り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。