上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.06.16 不死鳥戦隊!
先日の記事に関して

「1人耳とか寂しすぎるからやめろw」

とのご指摘を頂きました



人いないんだから仕方ないだろ!(涙目)







さて
城の方はランク2へと返り咲き
まぁお相手は3人だけだったので、今週も2PT組めたお陰か
危なげもなく勝ち取ることができました

いつもこんなだと張り合いありませんが、3攻めなら相手ももっと多いでしょうし
来週は巻物がっつり消費していきたいと思います(ニッコリ




今日はGメンの紹介をするよ!
決して記事の水増しではないよ!(必死)



なお、顔を合わせる機会が全くないのでSSはありまへん(´p`)





____________________________________________________________


荒廃したGに人々の声がする



「もう駄目だ…」

「日曜の日中にIN3人なんて、城Gと名乗れるのか…」

「しかも1人は昨夜から露店放置じゃないか…」

「何故10時間放置していたのにGチャに光がないんだ…」





人々は絶望していた
ただでさえ人口流出の激しいこの世界において
かのGのそれは尋常ならざるものであったのだ





「こうなったら1人耳で寂しさを紛らわすしかない…!」

「おい、やめろ! それはあまりにも…!」

「だったらどうすりゃいいんだよ!」

「っ……!」





限界だった
人との繋がりがなければ、この世界に住まう意味は一体どこにあるのだろう

だが、そんな世界にも一筋の光が差す



[ギルドメンバー]●●●●様がログインしました




「……!?」

「な、なんだって…?」

「こんな寂れた所に、一体何者なんだ!?」



[ギルドメンバー]ナ●チャ様がログインしました



それは天からの救いの手か
あるいは天使の皮を被った悪魔なのか




       ,. /├―-  .
     ./ ー'^ー'       丶
    , ′ ./ :\ 、      ヽ
   ./   /: : : : : :\ 、      ∧
  / .ィf: : : : : : : : : : ヾ 、     ハ
  :i /': : : : : : : : : : : : : :ハ      :i    「こん」
  :| if: : : : : : : : : : : : : : : : ハ    }
  :{ i{ : : : : : : : : : : : : : : : : } i   .ハ
  ‘.i{: : : : : : : : : : : : : : : : : i }  ./:/
  ‘i{: : : : :ィ: : : ト、: : : : : ://   {/
   ‘.ゞ=彳}i: : : { iヾー‐彡′  /
   ‘,  |i:_:_:_〉ゝ  ̄    /
    ` .,└---一  ,. 斗彳≧=- .,_
      }≧=一,. ≦ ィf´ ,ィf´ ,ィf´  ̄ ̄ ≧x
      /  /  / / /´ィ>―-<.  \
     /  /     / /  //        `< ト
    ./ / / ̄ ̄Y ./   / i         ヾ. \
   //  // 二 i ./ "     { :|            \ \
 /ヾ  .// /_/ //      :|: ∧            \ \
f/^ヾ∨/_/'7_//       ∨:∧             \ \
ヾ/⌒ 〉___,/          \∧              \


ナツ●ャさん
(注:AAはイメージです)



「ちゃ^^」

「こん^^」

「……」

「……」

(おい、何かしゃべれよ!)

(いや、だってあの人って…)

「人少ないな」

「ですねー」

「自分がINしたのが3時間前で、それ以降動きなしでした^^;」

「へー」

「……」

「……」

「……」





悪魔だった
むしろ万魔の王だった

そう、彼こそはこのζPhoenixζ城の主
通称「BOSS」

彼について語れる言葉を、我々は多くは持たない
何故ならば……





「……」

「……」

「……」





彼は不死鳥の王であると同時に沈黙の王でもあったのだ
そのプレッシャーは、先程までこのGの惨状を嘆いていた者達をも
沈黙の坩堝へと誘うほどであった

彼らに救いはないのか…
そう思われた時であった






[ギルドメンバー]●●●●様がログアウトしました





「!?」

「これは…」

「リログだ……間違いない、彼女だ!」






[ギルドメンバー]セセ●ク様がログインしました






         .  -―- .
            /       ヽ
           /.      i⌒i    ヘ
         i  , ― 、‘=く, - 、 ヤ     「にゃふー・x・ノ」
__       i 〃   ` ´   ヤ !            >
   `ヽ       ヤヤ         リ y          > ´
    ゝ、_   ヘ ヘ        / /        > ´
      >三= ヽ ヽ     ./ィ     > ´      > ´
  , - 、 /"´  i トヽ \_ //_  -‐ 行´       > ´
/   {  1  ! Lリ ヽ` ー ´ Ⅳヽ |ヘ ||     >´
.    λ_」__.」-k´>”     !  `  ||  >´
    { !ヽ、_> イ !      ム ,-―イ| /
     ム、   ィ'リ      ム ヘ   ∨
     ハミニニィ       ノ /` ヘ   .〉
-―-- _ム        / / \.ノー〒
       ヽ    >_´/\ /   !
       ト、_> ´ <´ ヘ   >.      !
        マヽ   ム  > "     .1
        マ L__ -‐ ´ ´       ム


セ●ラクさん
(注:AAはイメージです)





「ちゃ」

「ちゃー^^」

「こん^^」

「ラクc」

「はいにゃ!・x・」

「赤ボス出ないよ、どうにかして」

「無茶振りいくない…」





そう、彼女こそこの城におけるBOSS専用緩衝材
通称「お嬢」である

独特の空気を纏うBOSSも、彼女と共に在る時は
不思議と笑いを誘う柔らかな気を纏う

























嘘だ
親しくない人間にとっては全く変わらない







閑話休題







一見弄られキャラのお手本であるかのような彼女であるが
Gへの帰属精神は凄まじく、彼女なくしては現在の規模への発展は
成しえなかったであろう





………と、誰か言っていた

本人が言っていたのかもしれない
きっとそうだ


恐らく、加入したばかりの新人でも顔を合わせることは多いはずだ
人柄? 入ってから確かめればよいではないか






「~~~~」

「~~~~」

「~~~~」

「~~~~」





しばし穏やかな時が流れる…

しかしその平穏も長くは続かなかった








[ギルドメンバー]●●●●様がログインしました








ある時は父のように

ある時は兄のように

ある時は友のように



そしてまたある時は










[ギルドメンバー]de●2様がログインしました





`ヽ               > ´    ヘk
   \            /       r-ミ r i‐i‐i-ォ
    ヽ-、           ,'      _ {    !ィフ、LL.ハ
     ヘ `<      !」^L   /´ `ヽ  ノ ヽ_   〈  「こんちゃあああああ
   >-<、  `< ̄`ヽ」ァ_r’.  マ       Y  7 ̄ ハ     あああああああ
> ´     、ヽ      ヘ     `ー-ァ ィ   }    ハ    ああああああ!!」
    、   ヽ`<ヽ  __〉ー--  . ∠_/    L__.」
  ヽ  ヽ  ノ ヘ ヤ ` ヽ     ` ト='      〉   ヤ
、   ヽ > ´ ヽ ノ  ヤ   ヘ      ヤヤマ´ ̄ ̄`     }
 >< ヽ_ > ´   /    ヤ      ⅣV> 、       ハ
イ⌒ヽ        /     ヤ     ム  ! !   _  ノ
. {   `ー--   ィ´_ > ´ ム     //7ム マ ̄
 ヽ         ヤ、     ム     //ヽヽ ヤ__〉
   `ヽ       ヤー= ´    / // \/ i
    )      >ィ      / /\ヽ,/  }
    〈   > ´   L   >´ ォ、\.  >  1
            ハゝr=k <   \ ー"   {
             マ!  i|  ヽ_ /       |
             `|  i|-‐  ´  r 「` < |


dee●さん
(注:AAはイメージです)




風速30m超の暴風雨のように

BOSSも認める戦友、我らがご意見番
通称「旦那」である


ちなみにいつも荒ぶっているわけではない
だが決して頻度が低いわけでもない








彼のINと共に、俄かに活気付くGチャット









              -―- 、<      〈::::.  1iマ .〉
             ..<  マム ヽヘ    八ヘ:::. !マ /
            , く::::::::::...   1マム い   /  1 ヾ!/{
         __」  `ヽ::::::..  マム ! ! ノ  ノ    〈
      > ´  ム    \:::::.  マ1i | {  / ォ    }
      く     ヘ     \::. マ!i ト、 ヘ ヽ } / ォ リ
-――- イ       ゝ       ヽ:. !リk \ヽ ヽー'ー'ー'´
               ヽ、     ∨ィマム ヘ ',
               /::::..ー<´ マiムヘ1
             >´ ̄` ヽ::::::....  `マi 1!   「そろそろ混ぜろよ・w・」
           イ´       `ヽ::::::::... 1 ム
         / ! i         ゝ:::::::::.リ{
        /   ヘゝ        _二ゝ_|!
        1     ヘ ヽ、    ,イマムマ!  ヘ!
       i      ヽ  >{ K  マムマi   1マム
       !       ゝ、   {:::::.  マムマ! 1 マム
       ノ           ヽミ `ヽ:::... マム |   マム
    >´           }ー---`ヽ:::. マ! i    マム
_> ´             〉、     `ヾ マ|     ̄`ヘ_
                  /  ` ー―K {ヾ!     _  ヽ` <
                   /           V     Y  ヘ {   ` 、
               /         ヽ    {    y


●●●●●●●






続々と集う仲間達





                    .,.r-===-、
                  ,イ(: :  :;: :,_!レ.、
                 !.'=,>--イ:::::::゛i!
                 |./::::::::::::::::::::::::::::|
                 .',:::::::::::/_,._゛,・;:!
                  丶,::!、'",r-.、;/     「顔文字ないと変だわー」
                   ゞ゛ゝ__,.:: ノi       _____
                _,..- .,ノ、゛''-=ニ''"~゛_ー-- ''"~ ___,.ノ
               / ~ ~.\ .,>、: : _,....._____,..、_,.-'"
    r-ーーュ     /  . : : : :/ | /~'"´  ヾ::::... !:tミ>.、
   /.| __|::::::|     i' . : : : :ノ !' "        .ゝfゞ'_i,
  r'-." ._,フ-~,、    r'   ./ !| ’ ,.-''''~~~~~^'''''''>-゛"イ
 / "">!--,/:::ノ=,,,_ .r'    / |/ .,.'/: : : : :   ~゛''": : ,゛'i!
./ . //  ,'::r'__ ィ'/~^フ!/"~、 ,!.^'^ : : :    -.、:-==- :: :|
'- ,,,!:;i  .,':/  !/-- /:ノ    ノゝ、: : : :- '___    :- 、: ::||
.',:::::::;=--イ/  i/  ,!::!' 、: :i ,/   .i、":r- ''''''''''~゛゛'' - ::_____,,i!
..ゞ__::'i,::::::::!,::~^!ト==-:::::!,., ! /     ’,: :',     .\, : : : : :|!
  .\ニー-'!,,,,;:_i!____.!::/ !'!|.i'      .',: :!_,... ----,.r '_ー-.、!,
    .゛-  ,.__'ー---!' ,ノ./       /,.r-!フ'"~/::::|! !::'i rト''iヽf
       ヽ.、______,../x'       .i-!i |!: :!| .|::::::|i !:::! !i <::||

●●●●●●





死の淵から蘇る戦友








          -r- ,、
        .,rヽ ! i |
       ,' ./ ’ ' .!
       |    r "丶  _, ---.、
       .|.、_,__,...r'" /.rr'"~~\.ヽ
       |: : :ゞ: ::|   ! !,| ( _,), レ, ',
       ,|: : : : : ’,  .|ニ=i!.、__,..イ=ニi!
       ト、_ _/|、  |三三三三三!        「オッスオッス!」
       ’,______/',:ヽ ゝ/´-. -`ヾ/          _
        ’,: : :’, ヽ::ヽ/ヽ .~ _,イ       , r・ー~、:ゝ.、
         V: : :',  .',: :', ’、ー-'::":_ニニ=--'": : :丶  |: , ノ
         V: : :   ~゛|  ’-: : : /, ,., .....ヾ): : : : リ /'/
          ゝ、: :>  .| i  ..  ゝ、、_,)-ー'"""~="'"
          / !I _,........,|イ  、  !エ_-_|) _,r'"
           / .',: : : : 人 ~  ト==-.゛''"_.f"
         !  ,.!: : : : : : ヽ ノ: : : : : : : i'.!
         r'"~ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : :!
             !: __ : : : : : : : : : : : : : !
             |'     ゛''''''' ー-i'
            .)-----r ====ミ _ ,..|
           r '、!   .| |ェ ヨ^ (!| ヽ!

●●●●




新たなる友






               ___
              , ィ::::::://ヽ
            .,イ:::/:::::/::::/:::::::::::\
            /:f::::f:::::::f:::::f::::::::::::::::::ヽ
             |:::{::::{:::::::{:::::{::::::::::::::::::::::}
             {=={;;;;;;リ=====:::::|
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||::::j
           ヾ=t、,r======'´::/     「ハァ……ハァ……」
            ヽ::||:::::||::::::::::::::::::/
             .ヽ|l:::::||: : : > ' |
                |  ̄ ¨ ´   |
           , -― {        / `¨ ー- .
       , ィ´    /::ゝ_ , ‐/         > 、_
      /{:::::ヘ.   //三三|| /     >:´:::::::::::/`ヽ
     ./ {:::::::ヘ.  《 ̄ヾ´ ≫ '  >:´::::::::::::::::::::/   ヘ
    /   ∨:::::ヘ  \`> ´ >:´:::::::::::::::::::::::::::{    ヘ
   ./   .∨::::::ヘ       >´:::::::::::::::::::::::::::::::::::|.     ヘ
   /       {::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.       ヘ
  ./      λ:::::::::::::ヽ:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ      ヘ
 /     ./ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、      ヘ

がりがり君






放たれる刺客









ここ不死鳥の城ζPhoenixζを舞台とした物語は
まだ幕を開けたばかりである








次回!


3フレ殴りBIS
2次転全裸剣士
ロトの亡者

奴らは一体何者なんだ…!?

新たなる光、忍び寄る影
光陰渦巻くζPhoenixζ

その先は自分の目で確かめろ!


不死鳥戦隊フェニレンジャー 第2話

  「 神聖? 親分!? ハチ公!!?? ~がりがり君~ 」


来週もお見逃しなく!!


________________________________________




  ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) SS取る習慣がねーよチクショー!
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―-、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   そんな君にはプギャーを送ろう
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)
Secret

TrackBackURL
→http://yuutyo.blog.fc2.com/tb.php/10-f846644e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。