上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
























連合

























ドレミ2










ドレミ3






















ぷり2








ぷり3
























































































































れいくり




























れいくり2



















6時間位考えた末こうなった
もうGメン紹介とかはSSでさらっとやることに決めた











A5A2A5F3A5C1A5A8A5A4A5B8A5F3A5B0A1A1BDAAA4EFA4EA.gif
スポンサーサイト





人は彼らをこう呼ぶ……









タイトル






















ここはRED STONE オレンジサーバー

かつて栄華を極めたこの世界も、度重なる修正やアップロードによりその姿を変えていた

これは、そんな荒廃した世界に残る廃人ランカー達の物語


















A「PT空いてますか?」

B「はい^^」

A「ありよろです^^」







今では珍しい狩りPT
過疎ゲーであることをしばし忘れられる至福の時

しかし、それにもやがて亀裂が走る








B「あ、実が切れたので終わりにしますね^^;」

A「おつです^^」

C「お疲れ様^^」








そう、実の存在である

かつては期間性アイテムは課金アイテムのみであり
無課金プレイヤーはIN時間これすなわち狩り時間と同義であった

しかし、この実の登場から状況は一変する

確かに便利な代物だろう
経験値の増加により生み出される良効率の狩りの味を知ってしまえば
実なしの狩りで得られる満足度は、価格を見てフルアルバムだと思って買ったが
実はシングルの初回特典付のCDだったものの曲自体は悪くないので何も言えない時のそれに似ている







D「あ、私も実なくなっちゃったのでこれラスで^^;」

C「自分もラスにします」

A「はい^^」

D「お疲れ様でした^^」

E「おつ^^」

C「お疲れ様^^」

A「大分減っちゃいましたね^^;」

E「ですね^^;」







だが、実の補充には長大な時間を必要とし、結果として全体的な狩り時間は減少した

勿論悪いことばかりではない
日中は学校や仕事でINができず、その間に実が溜まってゆく
非常に効率的なシステムだ

だがそれでよいものか
実の時間のみに囚われ、高回転のPTを崩壊させてはいないか
そしてまた1人、PT脱退ボタンを押そうとしたまさにその時……
















???「経験値は減ってもかけらは出るだろう?」















A「だ、誰だ!?」

E「……!!  あそこだ!」















タカシ















タカシ2

















タカシ3














E「か、彼はまさか……!?」

A「知っているのかっ、E!?」

E「聞いたことがある……
  スワンプに篭り、スフィアを破壊し経験値を減らしてでも狩場をキープし続け
  1日数十個もの祈りのかけらノルマをこなしている廃人がいると……」


A「あの祈りのかけらを、1日数十個ノルマだと……!?」

E「しかも、しまいには毎日100個を超えるかけらを量産していたらしい……」

A「人間じゃねぇよ……」






その時、Aに電流はしる
祈りのかけらといえば、あのマゾクエと名高い限界突破クエのドロップアイテムである
銀行移動可能という救済措置など意味をなさないかのようなドロップ率に加え
ドロップエリアが指定されてしまうという鬼畜さにAも匙を投げたばかりなのである

そんなAにとって、1日に数十という祈りのかけらを出すことなど正気の沙汰ではないだろう
まるで化け物でも見るかのような目で突如現れた男に視線を向ける

動かざること山の如し
不動の廃人









E「そう、彼の名は---------」














タカシ4















A「そ、そんな方がどうしてこんなところへ……?」

E「決まってる、ここが祈りかけらMAPだからさっ……!」

A「そ、そういえば……」

E「だが生憎俺たちはあんたとは違ってカンストなんて夢のまた夢なんだよ!
  誰もかれもが鏡品持ってると思ってんじゃねーぞっっ!!」


A「そ、そうだ!!
  RSのかけらなら兎も角、祈りのかけらなんて無縁なんだよ!
  だからせめてレベリングだけでもと思って狩りの効率を……!」




















???「鏡品がない? だったら地下キャラを量産すればいい」














A「……!?」

E「今度は誰だ!?」















パラ













パラ2














パラ3














E「そんなっ……彼までどうしてっ……!!」

A「おい、1人で納得してないで教えろよ!
  あれは一体誰なんだ!?」


E「……彼は燈鯖No.2のBIS天にして、野に放たれた殲滅の使徒」













鏡品の溢れる昨今、マイナー職が上位に昇るには装備を自作するより他にない時代となった
だがRED STONEにおいて、ギャンブルの成功率は決して高いものとはいえず
また非常に手間と金の掛かるマゾヒスト御用達の娯楽となっている

しかし彼は違った
苦労し作り上げた素材が破壊されようとも
いくつもの鏡が割れようとも
決して装備作成を諦めることはない

一体何が彼をそこまで駆り立てるのか
生粋のマゾヒストなのであろうか?

-------------否、断じて否っっっ!!

彼が思い描くのは、撲殺
ただひたすらの、撲殺
一切の慈悲もなく、一遍の情もなく、ただひたすらにその右腕を振るうのだ

あれだけの苦労をして得た装備
それによって沈められる敵の表情を見て、労をかければかける程に甘美な快感が奔る
倒れ臥した物言わぬ屍を眺め、彼は愉悦と恍惚と歓喜をその顔に滲ませる

侵掠すること火の如し
豪腕の廃人














E「あのお方は-----------」















パラ4














E「-------------生まれながらのサディストだよ」

A「……っ……!!」

E「……しかし、地下キャラを回し、装備スロットを鏡品で埋めればカンストなど容易いだろう
  だが一つ失念していることがあるんじゃないか?」


A「失念…………あっ……!」

E「気付いたようだな、鏡品の罠に」

A「…………装備レベルッ…………!!」

E「その通りだ
  良質なOPが付けば付く程必要とされるLvはハネ上がり
  しかもベース品がDXUともなれば目も当てられない」


A「確かにTハードだけあればカンストするわけじゃないっっ!!
  結局良装備のためにはレベリングを重ねていくしかないじゃないか!
  実を貯めるために一時羽休めをすることは利に適って-------------」















???「お前の買い物籠の中のパワキはお飾りなのか?」














A「またかよ!!」

E「あれを見ろ!!」














あー














あー2














あー3














A「マツダ・ファミリア!?」

E「トランスフォーム指がないのと本人が捕まらないのでSSが撮れなかったんだ!!」

A「何のことだ!?」

E「本当はがぉーとみゃぉーと並べて3ファミSS撮りたかったんだよ!!」

A「メタな話はやめろ!」

E「すまん、取り乱した」

A「彼は俺でも知ってるぞ
  2倍も終わったってのにパワキを取り出し1日に30も40もレベリングを行ったことで有名な……」













2倍キャンペーン
誰もがこぞって狩場へ赴き、ただひたすらに狩り続けるお祭りである
この時ばかりは通常ソロ専のPTボスもその名の通りPTを擁していることが多い

多くの者がキャンペーン中に精力的にレベリングを行うが
12時の魔法が解ければ誰もみなその手を止めてしまう

無理もない話だ
通常通りに戻るのだと分かってはいるが、実際に経験値が半分になってみると
半額キャンペーンが19時までだと知っていたのにバイトが19時までであり
いつものスーパーでお弁当を通常価格で買わざるを得なかった複雑な心境に酷似しているからだ

しかし、どうやら彼にはそれが当てはまらないらしい
2倍終了などどこ吹く風とばかりにパワキを取り出し
ただひたすらにお供のファミリア達とボス殲滅を淡々と行うのだ

1日で20
2日で50
3日で100
4日で170
5日で260

疾きこと風の如し
疾風の廃人















A「その名も------------」
















あー4















E「目から鱗とはまさにこのことだ……
  恒常的に課金をしていればRED"Sポイントは必然的に溜まっていく
  よし、パワキを取り出そう!」


A「クッ……」

E「どうした、A?
  お前も早く買い物袋を------」


A「……か………な……だ……」

E「何?」

A「--------俺、無課金なんだ……」

E「…………!!」

A「……いや、いいんだ
  俺にかまわずパワキを出してくれ
  お前まで一緒にゲロマズ狩りをすることはないんだ」


E「だが、それではただでさえスフィア分で差があるのに……」

A「おいおい、あまり見くびってくれるなよ?
  無課金はスフィア切れによるやる気低減がないんだぜ?
  お前が脱力してる間に狩って、すぐに追いついてやるよ」


E「クソッ……なんとかならないのかっ……!!」














???「実もスフィアもパワキもないなら、壷を開ければいいじゃない」














E「次から次へと……!」

A「どこからだ!?」














しゅり













しゅり2













しゅり3













E「じ、女子プロレスラー……?」

A「首里城かこれかの2択しかなかったんだ! 仕方なかったんだ!」

E「メタな話はやめろ!」

A「すまん、取り乱した」

E「しかし、壷か
  確かに秘密やGDも欠かさず行っているからいくつかストックはあるぞ」


A「同じくだ、これならフェアに狩りを続けられそうじゃないか?」

E「まさに天啓っ……!」













昨年登場した新たなるシステムは、特に高Lvの上位陣にとってはまさに天啓であった

2倍期間は壷を持ち寄り瞬時にLvを上げる
通常の狩りが馬鹿馬鹿しくなるようなその効率は、遂に一部の古参の引退すら招いてしまった

しかし、中位に燻っている多くのプレイヤーの救いとなっていることも確かである
Gチャで壷を開けると宣言すると、誰に言われるでもなく多数の壷を持ち寄り
多大なる貢献をしている者がいることを知る人は少ない
一体どこにそんなに隠し持っていたのか

加えて、2倍が終わる頃には彼とは想像以上に差がついていることは請け合いである
一体いつの間にそんなにレベリングを行っていたのか

久々に顔を合わせてみると足元の転生陣の色も変わっているだろう
一体いつの間に転生までしてしまったのか

徐かなること林の如し
秘匿の廃人















A「これでもうしばらく戦えそうだ、ありがとう-------------」















しゅり4














E「彼に関しては既に名前出てるんだからこのくだりいらないんじゃないか?」

A「メタな話はやめろ!」

E「すまん、取り乱した」

A「しかし、壷のお陰で実も手に入った」

E「ああ、彼らには感謝しないとな」

A「ところで、友録いいかな?
  よければこれからも一緒に狩りをしたいんだが……」


E「こちらから言おうとしていたところだ」

A「友よろ^^」

E「よろ^^」



























こうしてまたRED STONEに新たな絆が生まれた
数々の苦難を乗り越えた2人は、第二、第三の廃人となって君の憧れとなるだろう

この世界は廃人によって支えられている
だからこそ、廃人の引退は即サービス終了へと繋がることとなるのだ

世界の崩壊を防ぐため、彼らはまた新規の前に現れる
その独自の廃理論を携え、新たなる廃人を生み出しに……

人は彼らをこう呼ぶ-----------------













デスアーダイン




シュリアズ














5人合わせて---------------















ハイジンダー




























































デスタカ










にゃっく



























-  お わ り  -










はい、ランク1ですね












ウワァァ━━━━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━━━━ン!!!!




最近はPvが振るわず、守りが続いてますね
久々にフェニでも攻めてみたいものです



一方Wizardでは初のランク4昇格










             ____
           /      \
          / ─    ─ \
        /   (●)  (●)  \
        |      (__人__)     |     ないない
         \     ` ⌒´    ,/
 r、     r、/          ヘ
 ヽヾ 三 |:l1             ヽ
  \>ヽ/ |` }            | |
   ヘ lノ `'ソ             | |
    /´  /             |. |
    \. ィ                |  |
        |                |  |


















  *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *





ランク4おめでとうございます!
チェーンで紋章ガリガリ引っ掻くの楽しかったれす^p^








近頃はGメンにお金を貸すことが多いのですが
皆さんこのブログの煽り文見えないんでしょうか……




  「月利400%の暴利金貸し」







  「月利400%」





兄貴、今週で2週間でっせ(ゲス顔













先日知人から頂いた、生成器産の下級

品はというと…




kakyuu_20130630004053.jpg



正直全然いらないけど、まぁ貰い物だし文句言えませんね……




















kakyuu2.jpg




                    _ ___
    / ̄ ̄ ̄ ̄\,,      /-、 -、    \
   /_____  ヽ    /  |  ・|・  | 、    \
   | ─ 、 ─ 、 ヽ |  |   / / `-●-′ \    ヽ
   |  ・|・  |─ |___/   |/ ── |  ──   ヽ   |
   |` - c`─ ′  6 l   |. ── |  ──    |   |
.   ヽ (____  ,-′   | ── |  ──     |   l
     ヽ ___ /ヽ     ヽ (__|____  / /
     / |/\/ l ^ヽ    \           / /
     | |      |  |     l━━(t)━━━━┥











ちなみに私が売った攻撃OPは成功したようで、メシマズ一直線です







       ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \
     |       |::::::|     |
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       ∑ l、E ノ <
               レY^V^ヽl











T速皮手が消えてしまったのでフレガタ落ちするも
めげずに旦那からロト皮手を購入し、増幅やってやんよ!という時の一幕



miss.jpg




まぁ1発で最補出る訳ないし、どうせ使うから…(言い訳)


なお、結果は27→26→25→24と下降の一途だった模様









       (  _,, -''"      ',             __.__       ____
   ハ   ( l         ',____,、      (:::} l l l ,}      /      \
   ハ   ( .',         ト───‐'      l::l ̄ ̄l     l        │
   ハ   (  .',         |              l::|二二l     |  ハ こ  .|
       ( /ィ         h         , '´ ̄ ̄ ̄`ヽ   |  ハ や │
⌒⌒⌒ヽ(⌒ヽ/ ',         l.l         ,'  r──―‐tl.   |  ハ つ │
        ̄   ',       fllJ.        { r' ー-、ノ ,r‐l    |  ! め │
            ヾ     ル'ノ |ll       ,-l l ´~~ ‐ l~`ト,.  l        |
             〉vw'レハノ   l.lll       ヽl l ',   ,_ ! ,'ノ   ヽ  ____/
             l_,,, =====、_ !'lll       .ハ. l  r'"__゙,,`l|     )ノ
          _,,ノ※※※※※`ー,,,       / lヽノ ´'ー'´ハ
       -‐'"´ ヽ※※※※※_,, -''"`''ー-、 _,へ,_', ヽ,,二,,/ .l
              ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       `''ー-、 l      ト、へ


















         _,, -==テ\,
        /r'"   /  / ヽ
       /∠ -'''""\/   ヽ                \∧∧∧∧∧∧∧∧∧/
       \__,,,,, -‐''''""\   〉               <              >
       \  再構成 \/  〉、             <    たわけー!   >
         \_,,,,, -‐''''""´ヽ/ jf'、_            <              >
          \_,,,,, --‐''''i"´ノム ,_ィ、           /∨∨∨∨∨∨∨∨∨\
           ヽ   , -、,ゝ   , メ,
            ゙ヽ, ( の    / ム'、_  < ギャッ!! , ‐-- ,,,_    rェェュ
               ゝ`''''ーイ   ヽ,,  )       /   _,, -'"゙゙゙ヽ,,_]─[
             ,.''∴'';';;⌒'';;;';,;ーイ''"       /   , '"´   , -''´ , ',, ̄,,ヽー――,‐'
                               /   /    (   l,''_ ̄_ ',l_,)  /
                              ,'   (     ゙''- ,,_', =゙ r= l__,,-'' ,, -''
                             〈    `゙゙''''ー-‐'ニニ|!ヽ, ニ.、ハ, _,イ::::::::
             ,,,ィノ);',;';i、ノヽ'"'i,,,        ゙'' ,,_,,, --テ'''"´ヽ リ。 iヾ''ヘ、‐=!:::::::::
      _,,, -<二'゙',';l∴';/;';.,'';_,;;,,>- ,,_           { :::::::::::::}ー  ゙ヾミミミ=-{::::::::::
  __,,, -''"/       ,;';l';,'l'",;,',..;     '"`゙''-、          ', :::::::::バ













先日ようやくメインが600になりました

600.jpg


バインド再振りウマーですね
即死と変わらないと言っていましたが、精霊王装備したら世界が変わりました

なお、耐久は完全に捨て去った模様



復帰時はキャラ全消しして再開したのでほぼ新規状態でしたが
Lv100でフェニへ拾われ5ヶ月、なんとかここまで漕ぎ着けました

経験値イベでもないに1日Lv50上がっていた頃は廃人扱いされたりしていましたが
ダラダラとレベリングペースを下げつつも、ようやく転生可能Lvとなりましたね

とりあえず近々の目標として、629でダマテルNxのレベル開放装備でしょうか
転生は時森卒まで粘ってみようかなーと思っています
まだMQロシペルだしね












さて、今週もフェニレンジャーのお時間です







__________________________________________________________________











もう色々考えるの面倒なので普通に紹介させてくださいオナシャス!








オヤッサン氏

          ,. -‐- 、_
            }ニ>‐ 、::::::::ヽ`ヽ、 /}
           /:l  \ \::::::::::', ヘ::v ll
             /::::l\  \__\::::::}ヽl:::l ll
          l:::::::lー‐ ヽ r‐‐ 、ヽv{И /ヽ
          l::::::::`ヽ__V     \\ /  }
             l::::::::::::::::::l       ',l l  /
            l::::::::::::::::::ヽ、    /l l_/
           ヽ::::::::::::___,ィニ-ィ`´ レ{
           }\::::{∠/ ̄/  /´
            ハ::::\ ̄__∧_/
        __/  ̄ ̄\二>` ̄ハ_______
  _____,<::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ l::::::l:::::::`ヽ:::::::`ヽ
/::::::::::::::::`ヽ::\::::::::::::::::::::::::::::::< 二二 > 、l::::::::::::::',
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ::::::::::::::::::/ /彡ゝ゚〈_ノミ>::::::__::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::l::::::::::::::/  />彡_> ハミ/:∧:l \l
::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ハ::::::::::/  /{>、_>,ハ/ イ }V\_/
::::::::::::::::::::::::::://:::l l:::::/  /::::}‐‐f /=}::{=V⌒Vニィ
::::::::::::::::::::://::::}::::l lニl  l_/ /ヽ<ニ Yニ/ />彡/
V二二二./:::::::/::::::l lニl   l=]  } } ] l lハ { {l I\/
ー ― 一':::::::::::/::\/:::ヽl   lニニィ 〈 〈ニ llニ///ミ∧
  /::::::::::::::::::/::::::::::::: ̄:::V V彡 >' ヽ= ='::\/::::lハハ
 l::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::V V_/ヽ::::} 〉 〈/ ̄,':::::::V l
 l:::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::V \二 }::レ < >r/:::::::::: l l
_/:::::::::::::/  }‐‐― ::::::::::::::::::\  >==イ }::::::::::::::::l l


(シーフ)




フェニでは数少ない2PCの使い手にして、GDと秘密に生きるナイスミドル
全然関連性のない名前のキャラが実は彼のキャラであるということが多々ある


フェニでは古株の一角のようで、私が加入する以前に休止していた模様
復帰の知らせを聞いたBOSSがGチャで歓喜の雄叫びを上げたのも記憶に新しい







       ≧ニ=- 、                   ,}
.        ト、.    \                  /i}
       {`≧xェェェ、 \ -===、≡ミx、.  / /.
       vェェェェェェ、\.\: : : :、.XY〈}X\/ / i!
          vェェェ、 ̄ \\_\: : \X`w/》∨/i!
          V_ ̄\__v 、.  ̄\ ` 〈》゚ r" i|
           vェェェ、 ___,ム `ー 、 、《iv!》/}}
.          `V_`二ニ》     \ `ijf"  i}
.            ∨__ `込        i}:}}i!  〃
              vェェ、`ー-\_ . イ::| |A、./'}
. =ミx、           Ⅳ__`≧=- 》 i介′ i!://
. \ { \      ハ:\_\_∧ / ′.: レ)′
    \ 癶    _/: ゝ、:\.: : :\\ .::/\
     \_〉==≦人/: ノ´:ノ≧≠=- `/.: : ノ≧=ミ、       ___   _   __
 \、 \/.: : : : :/: /:/_/_'_/ r: .、- .、"   r-、`ー‐ァ≪ニ≫′〆、f´// ./
  ´ ̄ ̄ ̄:if`∠: ∠:∠_____ __ `\: \:\  ! : }x- < _/  // /.イ〉 /
 _____//  --------- イ)) r: 、 \: \:\ i}. :!へ. ∨: } // //__/
  : : : :  ̄: : : : : : ≧====_´彡"\:\ \: \:≫十x i.: :X´ ̄ .//__/
 -<:_:_:_:_:_:_:_:ノ´  ∨.:/ V y-==ァ \:.X、≫ ´ ≫ ´ 》!〈--=≦   /
  \/ ∧ {_丶`丶   ∨ ̄∨   i〕f´:(:_:.(≫ ´   x====ァ、    /
   、{ {! \_  \ x《^^》x  ´`x\_:.\{′ .// ̄77〉=≪


(BIS天)








                   /(
                    /(、/   ヽ,. ‐ァ
              ∧{  {     :}  /__
               { \  ',   / / ,/
                __\ __}、 ', / /_/_
.             \_{: : \{_}/: : }__/__   _____
               く_人_:_:ノ八:_:_ノ_フ/:::::::::::`ヽマニニニニニ\─<ニヽ
                /{>ニ:::::::ニ<}:::`ヽ:::::::::::::::} マニニニニニノヽ ニニ、
              /\::\}二{//:::}::::::::マニニフ::ヽ\\__   }  } く⌒ヽ}
         ,. -==ミ::::::::::ヽ二二}:::{∠廴::::::|:::::::::::::::::_)}」」」ン  ̄  ̄ \>
        〃::::::::::::::::\::::::::::::::::::く仄{ニ7\}  ̄ ̄
        {:::::::::::::::::::::::;:}┐::::::/7く_{ <厂く─}
.         ト .::::::::::::/∧ \//::{二ニ< >{{ニ}
          \[二二/::::{ ニ{ {ー' 〈〈 火ノニ/
          | /::::::::::::::::}\{ マニノ<反,/
          | }:::::>─----r─r─<⌒ヽ
        --========{  /}::{ニニぅ
         --========{  〈/::/二フ
        --========ヘ{__くニフ
            {/   /〉 }::::::::::::::::://\
              {/  /⌒ヽ |::::::::::::::::{ {    、
              {{/{ `丶 } }ト、::::::::::::ヽ\ く\
           /\\_/ /  \::::::::::::} } {/⌒丶
              /   }::::::::/}    \::::ノ ノ { |  }、
           /}   /ニ/ /       \\_/\\_ノ}
            ん} {/  /} /          /⌒::::::::::ーァ'′
          〔  {/  /} /          {:::::/ ̄}/
.          l  {/  /}/        __/:::::}  /
            | ,′ //          {  \//}
          ノ { //         \__/ _
.       /  {{ }} }          {:::::├<>'⌒ヽ
      └r''"「 ̄Ⅳ            ー┴─---─'′
        {_|::::::|_}
       {    ̄ }
         `¨¨¨¨¨´


(テイマ)







                    γ 、
                        i i i
                    i i :ii
                     i/ヽ i:、
                _     i|i |i i::、    _ -┐
                  {_ヽ:::ヽ i i  |i i::i:::::::‐/ゝ=‐i
                 i i、∨/:i:i   |i i:'::::://:/  i
                、`ヽヽ/i i':::i |i、//´_...-‐}'
                i7: < i ` ´ i|i ゝ: :´: :ヽ:::::i
                i: : : : ヽ   /: : : : : : i::::::i
                  、: : : : :.i  |i: : : : : : : /:::::::i
                    ヽ: : :ノi  |ゝ 、: : : ノ::::::::'
                 {i| i i| i  i' ∨´、ヽ=‐i:::'
                 / :i i i  ヽ ヽ ヽ  ∨
                 ゝ-\/    ヽ/ヽ>i´
                   ゝ-':\-‐‐-> '::::::::ゝ:、
         - 、      /:::::`i:::::::}  /´::::::::_::::-‐:=:‐-..、   /> .
     / i iゝ‐‐ヽゝ:::::´::::::ゝ‐-:〉:::::ゝ-〈-‐:::::::::::::::::::::::::::::/:ヽ┤ | | ヽヽ
     / // i:::ヽ:::/、::::::::::::::ゝ i |、ヽ∧i'/// >、:::::::>-‐=i/:::::::i  i i  i::::iヽ
    イ' //  i:::`::〈ヽ::>/ヽヽ'∧゙ i i彡| i-‐/>ヽ´::::::::i´ゝ-‐:::i  i i  i::::i::∧
   /::i i i  i:::::::::::i i:::::/:;イ/`>、_ゝi、人/〉<`ヽiヽ::∨:::::i i::i::::::::::i  i i  i::::ト、:::i
   i':/ i i  i:::::/i i:::/´///ヽ:::::`‐‐‐':::://ヽ '、ヽ:∧:::::i i:::\:::::i  i i、  ヽ::::ヽi
   i' / / /´:´:::::i i::;' /∧ヽ三二=、,=二三//∧∨、∧::::i i::::::i:\:.、 \ \ \::i
  〈`〈 〈 〈:::::::::::::i i、i彡´>'ヽ二ゝ-=ゝ、、、>'、< > :i ゝ i::::::i::::::::::\ \>i   〉〉
   ∨' / /:::::::::::::i ミ> >  ヽ∨ i i // 、<><> i彡' i::::::i:::::::::::::::ヽ ∨ i //


(アチャ)







                        /:::::::',
                        _l::::::::::l_
                   , </:::::::::::::',>、
                  /:::::::::',::::::::::: /::::::::ヽ
                      ∧_:::::::::::::',::∧/::::::::::::∧
                  _l   〉-、::::::〈 〉::::::,ィヽニ l
                l l} /   \_ V _/  } l l    __
                   VL{     ヽ:::/    リ/   ,イ:::{_
                  V ',      }::{    //   l::::::::::∧
       __             Vヽ _____ ノ::::ヽ __ イ〈     l::::::::::::∧__
     /:::::\         }_/:::∧:::::::::::::::::〈ヽ:ヽ',    }::::::::::::::/::::`ヽ
    ./:::::::::::::ヘ        /:::/ヽ ヽ:::::::::::://::ハ_}   l::::::::::::::l::::::::::::ハ
    }:::::::::::::::::∧     ,イl/::>::::\}:::::::::レ:::/: ̄`ヽ〈::::::::::::::::::::::::::::::V:}
     >‐‐ 、::::::::::\___/::::::::\::::::::::::::::ヽ ̄´::::l:::::::::::::::::::\:::::::://二二ヽ::ヽ
   /::::::::::::',::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::::::>‐‐‐‐‐:::>:___::l:::::::::::::::::::::::::〉://   << >::{_
   ,'::::::::::::::::l::::::::::::::::::::::::',:::::::::::::::::::::::::::; <:::::__::7二> 、:://ヽ   /\\{:::< }
  (二二)::::::l::::::// ̄ ̄ヽ',::::::::::::::::::::/:::::_/<__〉   `ヽV/::/}\/::::::: \\リ- 、 __
  l:::::::::::::::::/:: //> ∧  }二二二/::>‐ヽ__ イ  l>//∧∨::::::::::::::::::::::\\ Y::::
  l::::::::::::::/:: // / /:::::>‐ヽ__/::/ ̄ ̄>`ヽ___l::://  Vl:::::::::::::::::::::::::::::\l_/:::::
  V二二 イ―/ /::::::::}:::::::l:::::: /::/       >::://  ∧ ハ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
   } <<::://:::::::::::/::::::::ll:::::/::/  / ̄>、}l l::l´ _/ l  リ `  ̄ ̄ ̄ ` ー――
   lヽ‐一/ /:::::::::::/::::::::::::ヽl:::::l   ll ̄ > >l V l<__r‐/ /
   }   / /:::::: /}:::::::::::::::::::::l:::::l   ll=r  ̄ }ヽ / ハ__/ /
  /∧ / /::::/  l:::::::::::::::::::::::V::l  ∧__/ ̄ヽ_/∧__〈__/
 ,'/:::::V/::/    ヽ::::::::::::::::::::V::ヽ‐イ ヽ/二∧二> 〉,'


(姫)







etc...



彼を見かけたらGDへ誘ってみよう
小躍りしながらグラン前で待機しているはずだ
かわいい


出没地域は主にモリ6、時森
合言葉は「コスミあります」









プロリーナ氏



            /       ヽ      \
           /        ヽ      ヽ
              / ト、 r==、 _.ィ .ハ     八
          /  Vヘ|', ,'// /     ヽ     У!
           |'   弋Hイ/     ` ー‐< |
          |人  .イ|_|ヘ   ィ―‐= 、      ,'
         l |/Х__   __ イ///////≧、  ./
          V////≠/////////// Х ヽ-/
          ∨////_//////////    /
              ',! ≧´ `≦-、//<     ./
               V',      \/ ',   /
          _.∨,         \', / |`≧‐- 、
       .<   ∨ ,___/V´ ./l  |   ::::  `ヽ
    、-<      :::::>---------'    | ::::: .....::::::::>、
    `ヽ   :::::::::::::::/~{{_        > ´ ヽ:::....::::::::> ´
       `>::::::::::::::::/  廴___ <>´ ./  > ´≧、
    __ < . ヽ   /             /  /     >、_
  /―-、_ >ヽ /            / /-‐ __ 二二ニ= '丶_
  |    `<_ヽ/             〃-  ̄  _____/ ',





通称「プロs」
深夜4:00にPTリストで募集をしていた際に加入

深夜帯が主のため、日中や夜間のメンバーは顔を合わせる機会がないかもしれない
しかし会話の端々に漂う美少女臭を、私のセンサーが逃しはしない










「プロs、GD行きますか?」

「にゅ~><
 行きたいけど秘密中~;;」









        _______
       / \  /\  キリッ
.     / (ー)  (ー)\
    /   ⌒(__人__)⌒ \    君のためならいつまででも待とう!
    |      |r┬-|    |
     \     `ー'´   /
    ノ            \
  /´               ヽ






クスクス




         _______
       /      \
      /ノ  \   u. \ !?
    / (●)  (●)    \ 
    |   (__人__)    u.   | クスクス>
     \ u.` ⌒´      /
    ノ           \
  /´               ヽ







         ____
<クスクス   /       \!??
      /  u   ノ  \
    /      u (●)  \
    |         (__人__)|
     \    u   .` ⌒/
    ノ           \
  /´               ヽ










ちなみに性別も年齢も不詳である
えっ、男だったらどうするのかって?




            /)
           ///)
          /,.=゙''"/
   /     i f ,.r='"-‐'つ____   こまけぇこたぁいいんだよ!!
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /
















ガリガリ君


            ∩_∩
           / \ /\
          |  (゚)=(゚) |
          |  ●_●  |
         /        ヽ
       r⌒| 〃 ------ ヾ |
      /  i/ |_二__ノ
     ./  /  /       )      GH5まで加速させろ
     ./ /  /      //
    /   ./     / ̄
    .ヽ、__./     / ⌒ヽ
        r    /     |
      /          ノ
     /      /    /
    ./    //   /
    /.   ./ ./  /
   i   / ./ /
   i  ./ .ノ.^/
   i  ./  |_/
   i /
  / /
  (_/





ガリガリ君とは世を忍ぶ仮の姿…
彼の正体はWizardをランク4まで押し上げた立役者

Wizard副マス 「lifiru☆」氏である

「☆lifiru」だったかもしれない
そもそもスペル合ってるのか……?


こまけぇこたぁ(



ちなみに私にブログを勧めてきたのも彼であり
彼の擁する姫「エロト」は我がブログのマスコットとして君臨している



姫のネーミングからも窺い知れるように、実にマジェスティックな変態である
以前城で相対したアチャに想いを寄せているようで、こんな一幕も


remomon.jpg






         ____
       / ノ  \\
      / (●)  (●)\
    / ∪  (__人__)  \     さすがの俺もひくわ
    |      ` ⌒´    |
     \ /⌒)⌒)⌒)   //⌒)⌒)⌒)
    ノ  | / / /   (⌒) / / / /
  /´    | :::::::::::(⌒)  ゝ  :::::::::::/
 |    l  |     ノ  /  )  /
 ヽ    ヽ_ヽ    /'   /    /
  ヽ __     /   /   /









______________________________________________________________








フェニの主要面子も大方紹介したし、次はどうしましょうかね
Wizardの人達でも挙げていきましょうか










アカン、18禁ブログになってまう…(戦慄)







コスミ購入を機にLv300のバインド悪魔が再動したわけですが
こいつがPvに出ても支障がなくなった時点でメインのネク魔を移籍させようと考えています


最初はずっと倉庫キャラ置いて頂いているそりG様へ行こうかな、と
㈲ちょきんぎょでフェニに席を置くのは長くてもあと1ヶ月というところでしょうか


最終的には戻ってくるつもりですが、半年位はウロウロするかもしれません
城であたった時は全力で烈火させてもらうので悪しからず(ニッコリ








おまけ



先週の城での出来事
ゲコゲコ


kaeru.jpg


姫リトルのスキルはネタに事欠きませんな

冗談です全員分もやりませんできません(震え声)







最近コスミ買ってGD行ってるんですが、神秘かけらボロボロ落ちますね
あれだけで一財産稼げそうな勢いです

バインド再振りのおかげでゴリゴリかけら消えていくので
売ってる余裕なんてないですけどね(´p`)












dxu.jpg







知らぬ間にワンワンがDXUグラになっていました



















   *      *
  *     +  うそです
     n ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
      Y     Y    *














ちなみに城はPvのミスが重なり守りでしたが、結果としては不戦勝でした
カバンと倉庫いっぱいの物資ェ…




サブのGで攻めを行ったんですが、お相手が7年前にプレイしていた頃に
お世話になっていたところでちょっと複雑でしたね

門前でお話していたら、どうやら私のことを覚えていてくれたようで
その内フェニを捨てて出奔するかもしれません





























 *  うそです   +
      ∧_∧ _∧
 +  (* ´∀`)´∀`)
   n/    \n  \n
  (((ヨ  )   ノ\E) ノ\E)))
     (_⌒ヽ ⌒ヽ
      ヽ ヘ } ヘ }
  ε≡Ξ ノノ `Jノ `J








___________________________________________________________________





不死鳥戦隊フェニレンジャー! 前回の3つの出来事!


1つ!




          _
       ,. /├―-  .
     ./ ー'^ー'       丶
    , ′ ./ :\ 、      ヽ
   ./   /: : : : : :\ 、      ∧
  / .ィf: : : : : : : : : : ヾ 、     ハ
  :i /': : : : : : : : : : : : : :ハ      :i    「こん」
  :| if: : : : : : : : : : : : : : : : ハ    }
  :{ i{ : : : : : : : : : : : : : : : : } i   .ハ
  ‘.i{: : : : : : : : : : : : : : : : : i }  ./:/
  ‘i{: : : : :ィ: : : ト、: : : : : ://   {/
   ‘.ゞ=彳}i: : : { iヾー‐彡′  /
   ‘,  |i:_:_:_〉ゝ  ̄    /
    ` .,└---一  ,. 斗彳≧=- .,_
      }≧=一,. ≦ ィf´ ,ィf´ ,ィf´  ̄ ̄ ≧x
      /  /  / / /´ィ>―-<.  \
     /  /     / /  //        `< ト
    ./ / / ̄ ̄Y ./   / i         ヾ. \
   //  // 二 i ./ "     { :|            \ \
 /ヾ  .// /_/ //      :|: ∧            \ \
f/^ヾ∨/_/'7_//       ∨:∧             \ \
ヾ/⌒ 〉___,/          \∧              \













             .  -―- .
            /       ヽ
           /.      i⌒i    ヘ
         i  , ― 、‘=く, - 、 ヤ    「にゃふー・x・ノ」
__       i 〃   ` ´   ヤ !            >
   `ヽ       ヤヤ         リ y          > ´
    ゝ、_   ヘ ヘ        / /        > ´
      >三= ヽ ヽ     ./ィ     > ´      > ´
  , - 、 /"´  i トヽ \_ //_  -‐ 行´       > ´
/   {  1  ! Lリ ヽ` ー ´ Ⅳヽ |ヘ ||     >´
.    λ_」__.」-k´>”     !  `  ||  >´
    { !ヽ、_> イ !      ム ,-―イ| /
     ム、   ィ'リ      ム ヘ   ∨
     ハミニニィ       ノ /` ヘ   .〉
-―-- _ム        / / \.ノー〒
       ヽ    >_´/\ /   !
       ト、_> ´ <´ ヘ   >.      !
        マヽ   ム  > "     .1
        マ L__ -‐ ´ ´       ム












                    __
`ヽ               > ´    ヘk
   \            /       r-ミ r i‐i‐i-ォ
    ヽ-、           ,'      _ {    !ィフ、LL.ハ
     ヘ `<      !」^L   /´ `ヽ  ノ ヽ_   〈
   >-<、  `< ̄`ヽ」ァ_r’.  マ       Y  7 ̄ ハ
> ´     、ヽ      ヘ     `ー-ァ ィ   }    ハ    「こんちゃああああああ
    、   ヽ`<ヽ  __〉ー--  . ∠_/    L__.」     あああああああああ  
  ヽ  ヽ  ノ ヘ ヤ ` ヽ     ` ト='      〉   ヤ     あああああああ!!」 
、   ヽ > ´ ヽ ノ  ヤ   ヘ      ヤヤマ´ ̄ ̄`     }
 >< ヽ_ > ´   /    ヤ      ⅣV> 、       ハ
イ⌒ヽ        /     ヤ     ム  ! !   _  ノ
. {   `ー--   ィ´_ > ´ ム     //7ム マ ̄
 ヽ         ヤ、     ム     //ヽヽ ヤ__〉
   `ヽ       ヤー= ´    / // \/ i
    )      >ィ      / /\ヽ,/  }
    〈   > ´   L   >´ ォ、\.  >  1
            ハゝr=k <   \ ー"   {
             マ!  i|  ヽ_ /       |
             `|  i|-‐  ´  r 「` < |







徐々に活気を取り戻すPhoenix!







2つ!











              -―- 、<      〈::::.  1iマ .〉
             ..<  マム ヽヘ    八ヘ:::. !マ /
            , く::::::::::...   1マム い   /  1 ヾ!/{
         __」  `ヽ::::::..  マム ! ! ノ  ノ    〈
      > ´  ム    \:::::.  マ1i | {  / ォ    }
      く     ヘ     \::. マ!i ト、 ヘ ヽ } / ォ リ
-――- イ       ゝ       ヽ:. !リk \ヽ ヽー'ー'ー'´
               ヽ、     ∨ィマム ヘ ',      「そろそろ混ぜろよ・w・」
               /::::..ー<´ マiムヘ1
             >´ ̄` ヽ::::::....  `マi 1!
           イ´       `ヽ::::::::... 1 ム
         / ! i         ゝ:::::::::.リ{
        /   ヘゝ        _二ゝ_|!
        1     ヘ ヽ、    ,イマムマ!  ヘ!
       i      ヽ  >{ K  マムマi   1マム
       !       ゝ、   {:::::.  マムマ! 1 マム
       ノ           ヽミ `ヽ:::... マム |   マム
    >´           }ー---`ヽ:::. マ! i    マム
_> ´             〉、     `ヾ マ|     ̄`ヘ_
                  /  ` ー―K {ヾ!     _  ヽ` <
                   /           V     Y  ヘ {   ` 、
               /         ヽ    {    y










                   .,.r-===-、
                  ,イ(: :  :;: :,_!レ.、
                 !.'=,>--イ:::::::゛i!
                 |./::::::::::::::::::::::::::::|
                 .',:::::::::::/_,._゛,・;:!
                  丶,::!、'",r-.、;/       「顔文字ないと変だわー」
                   ゞ゛ゝ__,.:: ノi       _____
                _,..- .,ノ、゛''-=ニ''"~゛_ー-- ''"~ ___,.ノ
               / ~ ~.\ .,>、: : _,....._____,..、_,.-'"
    r-ーーュ     /  . : : : :/ | /~'"´  ヾ::::... !:tミ>.、
   /.| __|::::::|     i' . : : : :ノ !' "        .ゝfゞ'_i,
  r'-." ._,フ-~,、    r'   ./ !| ’ ,.-''''~~~~~^'''''''>-゛"イ
 / "">!--,/:::ノ=,,,_ .r'    / |/ .,.'/: : : : :   ~゛''": : ,゛'i!
./ . //  ,'::r'__ ィ'/~^フ!/"~、 ,!.^'^ : : :    -.、:-==- :: :|
'- ,,,!:;i  .,':/  !/-- /:ノ    ノゝ、: : : :- '___    :- 、: ::||
.',:::::::;=--イ/  i/  ,!::!' 、: :i ,/   .i、":r- ''''''''''~゛゛'' - ::_____,,i!
..ゞ__::'i,::::::::!,::~^!ト==-:::::!,., ! /     ’,: :',     .\, : : : : :|!
  .\ニー-'!,,,,;:_i!____.!::/ !'!|.i'      .',: :!_,... ----,.r '_ー-.、!,
    .゛-  ,.__'ー---!' ,ノ./       /,.r-!フ'"~/::::|! !::'i rト''iヽf
       ヽ.、______,../x'       .i-!i |!: :!| .|::::::|i !:::! !i <::||













          -r-,、
        .,rヽ ! i |
       ,' ./ ’ ' .!
       |    r "丶  _, ---.、
       .|.、_,__,...r'" /.rr'"~~\.ヽ
       |: : :ゞ: ::|   ! !,| ( _,), レ, ',
       ,|: : : : : ’,  .|ニ=i!.、__,..イ=ニi!
       ト、_ _/|、   |三三三三三!           「オッスオッス!」
       ’,______/',:ヽ ゝ/´-. -`ヾ/          _
        ’,: : :’, ヽ::ヽ/ヽ .~ _,イ       , r・ー~、:ゝ.、
         V: : :',  .',: :', ’、ー-'::":_ニニ=--'": : :丶  |: , ノ
         V: : :   ~゛|  ’-: : : /, ,., .....ヾ): : : : リ /'/
          ゝ、: :>  .| i  ..  ゝ、、_,)-ー'"""~="'"
          / !I _,........,|イ  、  !エ_-_|) _,r'"
           / .',: : : : 人 ~  ト==-.゛''"_.f"
         !  ,.!: : : : : : ヽ ノ: : : : : : : i'.!
         r'"~ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : :!
             !: __ : : : : : : : : : : : : : !
             |'     ゛''''''' ー-i'
            .)-----r ====ミ _ ,..|
           r '、!   .| |ェ ヨ^ (!| ヽ!








続々と集う戦士たち!









3つ!







                          _  _
                        , < /: : : : : `ヽ
                       /: : : : :/: : :`ヽ : : : : :\
                      〃: :_:_:_ム=― ┐: : : : : ,
                      ム升、      _l: : : : : : l
                      |_弋ノ_ ==,,,¨///!: : : : : : |
                      ヽ////////////l: : : : : :∥
     「ハァ…ハァ…」          ∨'_'_'.''  ̄ ̄: : l: : : : : ∥
                         ヽ',: : : :',: : : : : :/: : : : _:/
                        rヽ',: : : ',: : : : /: : /: :|
                  r.┐..   ゞ、、: : :',: : :/: /: : : :∨
                  |: :|..     \ー┐:´: : : : :>< .ーァ― - 、
                  |: :|     __\|:_:_:_>イ  /: /: :_: イ: : : \
                  /'_´ヽ.<: : : :/ |////  /: :/: /: : : : : : : : : ヽ
               /二 `ヽヽ): : : :/  .|//  /l ./: : :{|: : : : : : : : : : : l
              /: : :、: ヽ: ヽ!: : : : |  |/  //|//: : : : |/: : : : : : : : : :7
                {: : _:-―'⌒ヽ、_: : :|== / ./ .|/./: : :_:_:_{_:_: -:-:、: : : : ヽ
          _ .イ ',:/: : : : : : : : / 7ニニニニ_/  ̄/: : : : : : : : : : : : : : : : : :l
        .ィ7///.ハ .ヽ: : {\: : :/  /ニニニニ/  /: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
        /: :∥|//////\_\_つ\{  |ニニニニ=:|   |: : : : : : : : : : : : : : : : : :/
     /: : : ヽヽ//////// ´   `t-ヽニニニニ|  .|: : : : : : : : : : : : : : : : : j\
      l: : : : : :\ー_-/´        |: : : : : : :`:ーヽ___\:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_:_/\ \
      \: : : : : : /          |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :/       \







秘密結社Wizardlyから送られるスパイ!

(注:本人の希望によりAAに若干の改変が行われました
   え、忍装束でハァハァ言ってる方がヤバイ? 私もそう思います)







一体彼らは何者なのか…?




不死鳥戦隊フェニレンジャー 第2話

   「神聖? 親分!? ハチ公!!?? ~がりがり君~」










[ギルドメンバー]神●パラダイン様がログインしました






               -―- 、<      〈::::.  1iマ .〉
             ..<  マム ヽヘ    八ヘ:::. !マ /
            , く::::::::::...   1マム い   /  1 ヾ!/{
         __」  `ヽ::::::..  マム ! ! ノ  ノ    〈
      > ´  ム    \:::::.  マ1i | {  / ォ    }
      く     ヘ     \::. マ!i ト、 ヘ ヽ } / ォ リ
-――- イ       ゝ       ヽ:. !リk \ヽ ヽー'ー'ー'´
               ヽ、     ∨ィマム ヘ ',       「夜勤マジだるいわ・w・」
               /::::..ー<´ マiムヘ1
             >´ ̄` ヽ::::::....  `マi 1!
           イ´       `ヽ::::::::... 1 ム
         / ! i         ゝ:::::::::.リ{
        /   ヘゝ        _二ゝ_|!
        1     ヘ ヽ、    ,イマムマ!  ヘ!
       i      ヽ  >{ K  マムマi   1マム
       !       ゝ、   {:::::.  マムマ! 1 マム
       ノ           ヽミ `ヽ:::... マム |   マム
    >´           }ー---`ヽ:::. マ! i    マム
_> ´             〉、     `ヾ マ|     ̄`ヘ_
                  /  ` ー―K {ヾ!     _  ヽ` <
                   /           V     Y  ヘ {   ` 、
               /         ヽ    {    y






ものぐさな台詞と共に姿を現したのは、恐れ多くもかの神聖皇帝にして
フェニレンジャーの一翼を担う撲殺鈍器
我々は彼を「兄貴」と呼ぶ

絶望をその身に纏い、天運から突き放されても
命を刈り取る刃「ブレイブアックス」を手にした稀代の聖帝である

ちなみに兄貴と呼ばれていることは彼自身は知らず



 
「兄貴最高や!」「流石兄貴はイケメンやで!」




などと名を告げずに呼ばれると


「え、誰のこと?w」


と置いてきぼりをくらうことも多々ある
かわいい





普段は穏やかな気質の彼だが、敵の居城を攻める際には右手に構えた棍棒を振るい
目にも留まらぬ速さで敵を撲滅させる恐ろしい存在である







                        ..::r .エマァ 、
.                      ∧:::: ]_[iリ ∧
                      i ヤ::. iマリ ./ .ヤ
                        キ ヤ::. i!マ /  ,'
                      ハ  ヤ: レ /  /     「ぶちころがすぞ・w・」
                        > _ヽ:/_. ィ
                    ...:::::::::<ー-kマャ 、
                _  . ´  ` <:::::::.. マiム ヘヽ
.     キ二ニ=―  _   い_/        `ヽ:::.. マム 〉 ヤ
         ̄  ―=ニへ ヤ`ヽ_  ,      \:. リ / ハ
               ヽ、   ヘ)二ニ=―  _\/ / ヤ
                 ヤ\ ヘ  |  ̄  ―=ニ二ニ=―  _
                 ヤ \  ハ          「  ̄  ―=ニ二7
                 ヽ ̄  人!-――-ヤ´二ヽ1   ヘ
                   `r<リ1     } ] [く !    ヘ
                   !///リ-――‐ム、 ̄_ノヤ、  ヘ
                   !//マ        ̄   ヘヘ   ヘ
                    |//i1           ヽ ヽ  1
                   ム/タ             \1 r ヤ
                   !/1,'               `k_./
                    |/i'        ∠        〈
                   Ⅳ       //ヘ、        ヘ





彼を知る人物はこう語る





「支援もできて敵も撲殺 イケメンだよ」

「●ラsは紋章叩いてる時が一番輝いてるw
 パ●sの職業は、ビショップでもディバインエクソシストでもなく
 ●聖パラダインだと思う」


「殴りはやすぎいいいいいいいいいい!!ww」




おおむね同意である










そしてまた1人、新たなヒーローの登場である





[ギルドメンバー]ぬ●りかべ親分様がログインしました









                   .,.r-===-、
                  ,イ(: :  :;: :,_!レ.、
                 !.'=,>--イ:::::::゛i!
                 |./:::::::::::::::::::::::|
                 .',:::::::::::/_,._゛,・;:!
                  丶,::!、'",r-.、;/       「顔文字……」
                   ゞ゛ゝ__,.:: ノi       _____
                _,..- .,ノ、゛''-=ニ''"~゛_ー-- ''"~ ___,.ノ
               / ~ ~.\ .,>、: : _,....._____,..、_,.-'"
    r-ーーュ     /  . : : : :/ | /~'"´  ヾ::::... !:tミ>.、
   /.| __|::::::|     i' . : : : :ノ !' "        .ゝfゞ'_i,
  r'-." ._,フ-~,、    r'   ./ !| ’ ,.-''''~~~~~^'''''''>-゛"イ
 / "">!--,/:::ノ=,,,_ .r'    / |/ .,.'/: : : : :   ~゛''": : ,゛'i!
./ . //  ,'::r'__ ィ'/~^フ!/"~、 ,!.^'^ : : :    -.、:-==- :: :|
'- ,,,!:;i  .,':/  !/-- /:ノ    ノゝ、: : : :- '___    :- 、: ::||
.',:::::::;=--イ/  i/  ,!::!' 、: :i ,/   .i、":r- ''''''''''~゛゛'' - ::_____,,i!
..ゞ__::'i,::::::::!,::~^!ト==-:::::!,., ! /     ’,: :',     .\, : : : : :|!
  .\ニー-'!,,,,;:_i!____.!::/ !'!|.i'      .',: :!_,... ----,.r '_ー-.、!,
    .゛-  ,.__'ー---!' ,ノ./       /,.r-!フ'"~/::::|! !::'i rト''iヽf
       ヽ.、______,../x'       .i-!i |!: :!| .|::::::|i !:::! !i <::||













        _,。。、_
    _,-=ニ。.r=二二ニニュ..、
    r二ニ:リ二二三三三三i,    _,.....、  , r==ュ
.   |二二リi!二二三三三::ノ.  /r, f´,。ヾ L.i i.ゝ,).、
    ゞ二=ニ=´`ー=== ´    F三ト、_ ,' ,! ゝ'-=´: :ム   「キタ━(゚∀゚)━!!!!」
     `!`    ∧     ___. i|三二三今.    i_: : _/,
.   _____|       |,、ニ´: : : : ゝ' !-ミ.ヾイ     |_ ´_,.ノ,
´ヽ ´ヽ |、    _ノ )==- ´`ゝ `>=- ' __ ,..-==.ソ~|: :.ノ
/' ,)=,ノ _,!、==二 /:i_,....=--   ヽ-.、: : _;.r ´ , : ,.='´
='   `.  ゝ二二: : : :ヽ-ニ-。、_.ゝIIュヽ' ,、_ -=´' ´
         |`: : : : : : : :!ニ=-:、: :>ゞ=' /イ´~
         |: : : : : : ,r ヽ:、ヽ、ヽ、: : :7'
         i: : : :./'" !: :ヽ!>ヽ. ヽ: /
         |: : :,/'    |: : : :ゝ_';)_,ノ
        人 /!     ゝ、_: : :___: :二二ニ=--. 、
.          (、                |.  |: : : : :.`!
             >=ニ__,          |:.:.:.|: : : : : :,!
                    `>=--。_ /.  !: : : :_ノ
                            `ニ=='´







彼こそは不死鳥戦隊の体現者
この世界へと繋がる道標を浸食されるも、類まれなるタフネスで
見事返り咲きを果たした生粋の戦士である


一度は諦めかけた彼であったが仲間たちの激励を受け復活
剣士という過去を捨て、新たに氷竜の戦士へと転生を遂げた






実力もさることながら、特筆すべきは彼独特のユーモアセンスである
彼の復帰と共にGチャが光を帯びる頻度も爆発的に増加し
日々笑いが耐えることはない

しかし氷竜の戦士としての本分を忘れることはなく
会話を凍てつかせることもままある






                 「おバカ流奥義! 大!失!敗!」




誰もが一度は耳にするこのフレーズ
新たなる力を手に入れる際に用いられるものであるが、字面通り受け取ることはできない
言霊をねじ伏せ、成功へと導く力が彼にはあるのだ





さぁ、皆も一緒に唱えてみよう!














 
      |   ヤ      __
      |r===ヤ    ≠」   ̄ ` 、
       ヘ    ヤ   //:ヽ      ヘ
       ヘ    ヘ. ,',':::::::::::::\     ∨         >
       ヤ    } i1:::::::::::::::::::ヘ      }      > ´
        ヤ   ヽ.!{:::::::::::::::::::::::}   /ヤ  , -―イ´
          ヤ     ∧::ォ::ャ、::::::ノ   {_マ /        > ´
        ゝ_     ヘ´L::ヽ ̄   __/イ    _ > ´
          ヤ    /ゝ =-‐≦三>―=ォ三-ミ
          ヘ   // / ___,, -――''''´"丁 ̄ ̄"` <  「おバカ流奥義!」
    __ __ ヘ /" /  //ィ ィ          }       ヘ
  >´    `ー一´.∨/`ヘ ./_{ゝ__`」-一ー- 、__ノー-、__ ィ
 (       -‐ ´/"ヘ_// ゝ-"´    `ー-=テ"´
.  `ー--一 ´    ,'ヘ.//              /
           ト、//             /
           〈_〉′              /
          Ⅳ              /
          レ               /
          Y                /


「大!」

「失!」

「敗!」









アイテムが完全に破壊されました








「(ノ∀`)アチャー」









なお、私も彼にあてられT速皮手とフォムを異次元した結果
見事にN皮手へと変貌を遂げた
お約束である


泣いてなどいない!(涙声)












そうこうしている内に、新たなる仲間が現れる






[ギルドメンバー]忠実●犬様がログインしました






          -r-,、
        .,rヽ ! i |
       ,' ./ ’ ' .!
       |    r "丶  _, ---.、
       .|.、_,__,...r'" /.rr'"~~\.ヽ
       |: : :ゞ: ::|   ! !,| ( _,), レ, ',
       ,|: : : : : ’,  .|ニ=i!.、__,..イ=ニi!
       ト、_ _/|、   |三三三三三!       「ロトうめぇwwwwwww」
       ’,______/',:ヽ ゝ/´-. -`ヾ/          _
        ’,: : :’, ヽ::ヽ/ヽ .~ _,イ       , r・ー~、:ゝ.、
         V: : :',  .',: :', ’、ー-'::":_ニニ=--'": : :丶  |: , ノ
         V: : :   ~゛|  ’-: : : /, ,., .....ヾ): : : : リ /'/
          ゝ、: :>  .| i  ..  ゝ、、_,)-ー'"""~="'"
          / !I _,........,|イ  、  !エ_-_|) _,r'"
           / .',: : : : 人 ~  ト==-.゛''"_.f"
         !  ,.!: : : : : : ヽ ノ: : : : : : : i'.!
         r'"~ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : :!
             !: __ : : : : : : : : : : : : : !
             |'     ゛''''''' ー-i'
            .)-----r ====ミ _ ,..|
           r '、!   .| |ェ ヨ^ (!| ヽ!




その名にそぐわない不誠実さである
驚愕した

まだフェニレンジャーとしての日は浅い彼であるが
抜きん出たIN率によって既に中核的存在となりつつある

そして先の台詞から窺えるように、彼の三食はロトボックスである
日夜香水消費に悩まされながら新たなるロトを貪っているのだろう
空恐ろしいことだ




彼を語る上でもう1つ欠かせないものが、目を見張る誤字である


「いたえきまうす」
(訳:いってきます)


「それ再考dなw」
(訳:それ最高だな)


そして頻発する半角英数

「tadaima^^」
(訳:ただいま)







            /|:::::::::::::::::::::ヽ.:.:.:.:、:.:.:.:、:.:.:.、.:.、.:.:.:.:.:.::`゛>
           /{::|:\:::::::\.:.:.:\.:.:.ヽ::.::.ヽ:.:.ヽ::::::::::.:.`゛ー- ..,__
: 何 :    /:|::',: ト、::::::ヽ、:.\:.:.:.\:.:.ヽ:.:.:\.:.:.:.:.:::.:.:.:.:::.::::_;:-'´   : : :
: が :   //: /:::|::',|::'、:::::::::\:.:\.:.:.ヽ:.:.:\:.:..\::::::::::::\、::::\    : : :
: 何 :  /!::|::l:::: /|:::l:ヽ:\::ヽ:.:\:.:\.:::ヽ:.:.:ヽ:.:.:.:\::::::::::::\ ̄   : : :
: だ :   |/l::|::|::|: ト、:::::::::、、:ヽ、:.:.:.:::::::::::::::ヽ::::.:ヽ:.:.:.:.\:.:.:.ヽ:::\.   : : :
: か :   |::|::/l::|::|r‐ヽ:::::ヽ(ヽー,―\::::::、::::::::::ヽ::.:.::::::.:::::::ヾ. ̄   : : :
:    :   }//l::|:::|{(:::)ヾ、:::ヽ \!(:::) ヽ,:::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ、   : : :
: わ :.   |/l::|::|:::|ヽ==''" \:ヽ、ヽ=='" |:::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ、::::\
  か     / ',|::|:::|   /   `゛       |!::::::::::::::::::::::::::::ト、::ト、_` ゛`
  ら      l::!::::ト、  '、 _         ||::::::::::::::::::::::::ト:ヽヾ| | ̄ ̄ ̄`ヽ、
  な     r'"´||',::::',                 |:::::/l:::::|\:::ト、ヾ | |     / / \
  い   /   ll ',::', 、 ーこニ=-       /!::/ ヽ:::|  ヾ、  ノ ノ  /  ,イ   ヽ、
       ,'    |  '、:, \ --       ,. '´ |;'  l ヾ、.   //     / |    l: l
      |   |!  ヽ;  ヽ       /.:    i!  /   ゛// |l      / |      | |






忠●な犬というより運営の犬ではなかろうか
そう揶揄する声も上がっている

だが、彼の本質は非常に誠実かつ繊細であり
現在のPhoenixを支える土台の1つと言っても過言ではない

現に私自身、副の座を明け渡し古巣へ帰ることさえ考えている
短い期間にこれほどの信頼を築くことは容易くはない
ここからも彼の人柄がうかがい知れることであろう







……持ち上げはこの位でいいだろうか?
こき下ろした分はヨイショ、集団の基本である


















そして、遂に"奴"が顕現した






[ギルドメンバー]がり●り君様がログインしました





秘密結社Wizardlyから派遣された内通者
これから語られることはすべて真実である
Phoenixの皆、奴の言葉を信じてはいけn





       ____
        /     \
     /   ⌒  ⌒ \   何言ってんだこいつ
   /    (●)  (●) \
    |   、" ゙)(__人__)"  )    ___________
   \      。` ⌒゚:j´ ,/ j゙~~| | |             |
__/          \  |__| | |             |
| | /   ,              \n||  | |             |
| | /   /         r.  ( こ) | |             |
| | | ⌒ ーnnn        |\ (⊆ソ .|_|___________|
 ̄ \__、("二) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_








書き込みが【削除】されました



















次回!




「くっ、コスミはあるのに人がいない…
 これではGDへ行けないじゃないか…!」


丑三つ時
賑わいから遠ざかる時間帯

そんな時、ふと投げかけられる言葉








       ,. -‐- 、_
            }ニ>‐ 、::::::::ヽ`ヽ、 /}
           /:l  \ \::::::::::', ヘ::v ll
             /::::l\  \__\::::::}ヽl:::l ll
          l:::::::lー‐ ヽ r‐‐ 、ヽv{И /ヽ
          l::::::::`ヽ__V     \\ /  }
             l::::::::::::::::::l       ',l l  /
            l::::::::::::::::::ヽ、    /l l_/
           ヽ::::::::::::___,ィニ-ィ`´ レ{
           }\::::{∠/ ̄/  /´    「困っているようだな
            ハ::::\ ̄__∧_/            キャラを出そう」
        __/  ̄ ̄\二>` ̄ハ_______
  _____,<::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ l::::::l:::::::`ヽ:::::::`ヽ
/::::::::::::::::`ヽ::\::::::::::::::::::::::::::::::< 二二 > 、l::::::::::::::',
::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::ヽ::::::::::::::::::/ /彡ゝ゚〈_ノミ>::::::__::::::l
:::::::::::::::::::::::::::::::::::}:::l::::::::::::::/  />彡_> ハミ/:∧:l \l
::::::::::::::::::::::::::::::::::ノ ハ::::::::::/  /{>、_>,ハ/ イ }V\_/
::::::::::::::::::::::::::://:::l l:::::/  /::::}‐‐f /=}::{=V⌒Vニィ
::::::::::::::::::::://::::}::::l lニl  l_/ /ヽ<ニ Yニ/ />彡/
V二二二./:::::::/::::::l lニl   l=]  } } ] l lハ { {l I\/
ー ― 一':::::::::::/::\/:::ヽl   lニニィ 〈 〈ニ llニ///ミ∧
  /::::::::::::::::::/::::::::::::: ̄:::V V彡 >' ヽ= ='::\/::::lハハ
 l::::::::::::::::: /::::::::::::::::::::::::::V V_/ヽ::::} 〉 〈/ ̄,':::::::V l
 l:::::::::::::::∧::::::::::::::::::::::::::::V \二 }::レ < >r/:::::::::: l l
_/:::::::::::::/  }‐‐― ::::::::::::::::::\  >==イ }::::::::::::::::l l

●●●●●





2つのPCを巧みに操り、いくつもの顔を持つ男









            /       ヽ      \
           /        ヽ      ヽ
              / ト、 r==、 _.ィ .ハ     八
          /  Vヘ|', ,'// /     ヽ     У!
           |'   弋Hイ/     ` ー‐< |
          |人  .イ|_|ヘ   ィ―‐= 、      ,'
         l |/Х__   __ イ///////≧、  ./    「私を忘れていないか?」
          V////≠/////////// Х ヽ-/
          ∨////_//////////    /
              ',! ≧´ `≦-、//<     ./
               V',      \/ ',   /
          _.∨,         \', / |`≧‐- 、
       .<   ∨ ,___/V´ ./l  |   ::::  `ヽ
    、-<      :::::>---------'    | ::::: .....::::::::>、
    `ヽ   :::::::::::::::/~{{_        > ´ ヽ:::....::::::::> ´
       `>::::::::::::::::/  廴___ <>´ ./  > ´≧、
    __ < . ヽ   /             /  /     >、_
  /―-、_ >ヽ /            / /-‐ __ 二二ニ= '丶_
  |    `<_ヽ/             〃-  ̄  _____/ ',


●●●●●


正体不明の夜の主





日の光を厭うように彼らは動き出す
その時、君はPhoenixのもう1つの顔を見るだろう




不死鳥戦隊フェニレンジャー 最終話

  「Phoenixよ、永遠に」

来週もお見逃しなく!




_______________________________________________________________









            / ̄ ̄\
          /   _ノ  \
          |    ( ●)(●)
          |     (__人__)
             |     ` ⌒´ノ   シリーズ化に関してどう思われますか?
              |         }
              ヽ        }
            ヽ、.,__ __ノ
   _, 、 -― ''"::l:::::::\ー-..,ノ,、.゙,i 、
  /;;;;;;::゙:':、::::::::::::|_:::;、>、_ l|||||゙!:゙、-、_
 丿;;;;;;;;;;;:::::i::::::::::::::/:::::::\゙'' ゙||i l\>::::゙'ー、
. i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|::::::::::::::\::::::::::\ .||||i|::::ヽ::::::|:::!
/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;!:::::::::::::::::::\:::::::::ヽ|||||:::::/::::::::i:::|
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;:::::::::::::::::::::::\:::::゙、|||:::/::::::::::|:::

       ____
    /      \
   /  ─    ─\
 /    ,(●) (●)、\
 |       (__人__)    |        正直後悔しています
 \     ` ⌒´   /
,,.....イ.ヽヽ、___ ーーノ゙-、.
:   |  '; \_____ ノ.| ヽ i
    |  \/゙(__)\,|  i |
    >   ヽ. ハ  |   ||





二度とやらねぇ!(決意)
2013.06.16 不死鳥戦隊!
先日の記事に関して

「1人耳とか寂しすぎるからやめろw」

とのご指摘を頂きました



人いないんだから仕方ないだろ!(涙目)







さて
城の方はランク2へと返り咲き
まぁお相手は3人だけだったので、今週も2PT組めたお陰か
危なげもなく勝ち取ることができました

いつもこんなだと張り合いありませんが、3攻めなら相手ももっと多いでしょうし
来週は巻物がっつり消費していきたいと思います(ニッコリ




今日はGメンの紹介をするよ!
決して記事の水増しではないよ!(必死)



なお、顔を合わせる機会が全くないのでSSはありまへん(´p`)





____________________________________________________________


荒廃したGに人々の声がする



「もう駄目だ…」

「日曜の日中にIN3人なんて、城Gと名乗れるのか…」

「しかも1人は昨夜から露店放置じゃないか…」

「何故10時間放置していたのにGチャに光がないんだ…」





人々は絶望していた
ただでさえ人口流出の激しいこの世界において
かのGのそれは尋常ならざるものであったのだ





「こうなったら1人耳で寂しさを紛らわすしかない…!」

「おい、やめろ! それはあまりにも…!」

「だったらどうすりゃいいんだよ!」

「っ……!」





限界だった
人との繋がりがなければ、この世界に住まう意味は一体どこにあるのだろう

だが、そんな世界にも一筋の光が差す



[ギルドメンバー]●●●●様がログインしました




「……!?」

「な、なんだって…?」

「こんな寂れた所に、一体何者なんだ!?」



[ギルドメンバー]ナ●チャ様がログインしました



それは天からの救いの手か
あるいは天使の皮を被った悪魔なのか




       ,. /├―-  .
     ./ ー'^ー'       丶
    , ′ ./ :\ 、      ヽ
   ./   /: : : : : :\ 、      ∧
  / .ィf: : : : : : : : : : ヾ 、     ハ
  :i /': : : : : : : : : : : : : :ハ      :i    「こん」
  :| if: : : : : : : : : : : : : : : : ハ    }
  :{ i{ : : : : : : : : : : : : : : : : } i   .ハ
  ‘.i{: : : : : : : : : : : : : : : : : i }  ./:/
  ‘i{: : : : :ィ: : : ト、: : : : : ://   {/
   ‘.ゞ=彳}i: : : { iヾー‐彡′  /
   ‘,  |i:_:_:_〉ゝ  ̄    /
    ` .,└---一  ,. 斗彳≧=- .,_
      }≧=一,. ≦ ィf´ ,ィf´ ,ィf´  ̄ ̄ ≧x
      /  /  / / /´ィ>―-<.  \
     /  /     / /  //        `< ト
    ./ / / ̄ ̄Y ./   / i         ヾ. \
   //  // 二 i ./ "     { :|            \ \
 /ヾ  .// /_/ //      :|: ∧            \ \
f/^ヾ∨/_/'7_//       ∨:∧             \ \
ヾ/⌒ 〉___,/          \∧              \


ナツ●ャさん
(注:AAはイメージです)



「ちゃ^^」

「こん^^」

「……」

「……」

(おい、何かしゃべれよ!)

(いや、だってあの人って…)

「人少ないな」

「ですねー」

「自分がINしたのが3時間前で、それ以降動きなしでした^^;」

「へー」

「……」

「……」

「……」





悪魔だった
むしろ万魔の王だった

そう、彼こそはこのζPhoenixζ城の主
通称「BOSS」

彼について語れる言葉を、我々は多くは持たない
何故ならば……





「……」

「……」

「……」





彼は不死鳥の王であると同時に沈黙の王でもあったのだ
そのプレッシャーは、先程までこのGの惨状を嘆いていた者達をも
沈黙の坩堝へと誘うほどであった

彼らに救いはないのか…
そう思われた時であった






[ギルドメンバー]●●●●様がログアウトしました





「!?」

「これは…」

「リログだ……間違いない、彼女だ!」






[ギルドメンバー]セセ●ク様がログインしました






         .  -―- .
            /       ヽ
           /.      i⌒i    ヘ
         i  , ― 、‘=く, - 、 ヤ     「にゃふー・x・ノ」
__       i 〃   ` ´   ヤ !            >
   `ヽ       ヤヤ         リ y          > ´
    ゝ、_   ヘ ヘ        / /        > ´
      >三= ヽ ヽ     ./ィ     > ´      > ´
  , - 、 /"´  i トヽ \_ //_  -‐ 行´       > ´
/   {  1  ! Lリ ヽ` ー ´ Ⅳヽ |ヘ ||     >´
.    λ_」__.」-k´>”     !  `  ||  >´
    { !ヽ、_> イ !      ム ,-―イ| /
     ム、   ィ'リ      ム ヘ   ∨
     ハミニニィ       ノ /` ヘ   .〉
-―-- _ム        / / \.ノー〒
       ヽ    >_´/\ /   !
       ト、_> ´ <´ ヘ   >.      !
        マヽ   ム  > "     .1
        マ L__ -‐ ´ ´       ム


セ●ラクさん
(注:AAはイメージです)





「ちゃ」

「ちゃー^^」

「こん^^」

「ラクc」

「はいにゃ!・x・」

「赤ボス出ないよ、どうにかして」

「無茶振りいくない…」





そう、彼女こそこの城におけるBOSS専用緩衝材
通称「お嬢」である

独特の空気を纏うBOSSも、彼女と共に在る時は
不思議と笑いを誘う柔らかな気を纏う

























嘘だ
親しくない人間にとっては全く変わらない







閑話休題







一見弄られキャラのお手本であるかのような彼女であるが
Gへの帰属精神は凄まじく、彼女なくしては現在の規模への発展は
成しえなかったであろう





………と、誰か言っていた

本人が言っていたのかもしれない
きっとそうだ


恐らく、加入したばかりの新人でも顔を合わせることは多いはずだ
人柄? 入ってから確かめればよいではないか






「~~~~」

「~~~~」

「~~~~」

「~~~~」





しばし穏やかな時が流れる…

しかしその平穏も長くは続かなかった








[ギルドメンバー]●●●●様がログインしました








ある時は父のように

ある時は兄のように

ある時は友のように



そしてまたある時は










[ギルドメンバー]de●2様がログインしました





`ヽ               > ´    ヘk
   \            /       r-ミ r i‐i‐i-ォ
    ヽ-、           ,'      _ {    !ィフ、LL.ハ
     ヘ `<      !」^L   /´ `ヽ  ノ ヽ_   〈  「こんちゃあああああ
   >-<、  `< ̄`ヽ」ァ_r’.  マ       Y  7 ̄ ハ     あああああああ
> ´     、ヽ      ヘ     `ー-ァ ィ   }    ハ    ああああああ!!」
    、   ヽ`<ヽ  __〉ー--  . ∠_/    L__.」
  ヽ  ヽ  ノ ヘ ヤ ` ヽ     ` ト='      〉   ヤ
、   ヽ > ´ ヽ ノ  ヤ   ヘ      ヤヤマ´ ̄ ̄`     }
 >< ヽ_ > ´   /    ヤ      ⅣV> 、       ハ
イ⌒ヽ        /     ヤ     ム  ! !   _  ノ
. {   `ー--   ィ´_ > ´ ム     //7ム マ ̄
 ヽ         ヤ、     ム     //ヽヽ ヤ__〉
   `ヽ       ヤー= ´    / // \/ i
    )      >ィ      / /\ヽ,/  }
    〈   > ´   L   >´ ォ、\.  >  1
            ハゝr=k <   \ ー"   {
             マ!  i|  ヽ_ /       |
             `|  i|-‐  ´  r 「` < |


dee●さん
(注:AAはイメージです)




風速30m超の暴風雨のように

BOSSも認める戦友、我らがご意見番
通称「旦那」である


ちなみにいつも荒ぶっているわけではない
だが決して頻度が低いわけでもない








彼のINと共に、俄かに活気付くGチャット









              -―- 、<      〈::::.  1iマ .〉
             ..<  マム ヽヘ    八ヘ:::. !マ /
            , く::::::::::...   1マム い   /  1 ヾ!/{
         __」  `ヽ::::::..  マム ! ! ノ  ノ    〈
      > ´  ム    \:::::.  マ1i | {  / ォ    }
      く     ヘ     \::. マ!i ト、 ヘ ヽ } / ォ リ
-――- イ       ゝ       ヽ:. !リk \ヽ ヽー'ー'ー'´
               ヽ、     ∨ィマム ヘ ',
               /::::..ー<´ マiムヘ1
             >´ ̄` ヽ::::::....  `マi 1!   「そろそろ混ぜろよ・w・」
           イ´       `ヽ::::::::... 1 ム
         / ! i         ゝ:::::::::.リ{
        /   ヘゝ        _二ゝ_|!
        1     ヘ ヽ、    ,イマムマ!  ヘ!
       i      ヽ  >{ K  マムマi   1マム
       !       ゝ、   {:::::.  マムマ! 1 マム
       ノ           ヽミ `ヽ:::... マム |   マム
    >´           }ー---`ヽ:::. マ! i    マム
_> ´             〉、     `ヾ マ|     ̄`ヘ_
                  /  ` ー―K {ヾ!     _  ヽ` <
                   /           V     Y  ヘ {   ` 、
               /         ヽ    {    y


●●●●●●●






続々と集う仲間達





                    .,.r-===-、
                  ,イ(: :  :;: :,_!レ.、
                 !.'=,>--イ:::::::゛i!
                 |./::::::::::::::::::::::::::::|
                 .',:::::::::::/_,._゛,・;:!
                  丶,::!、'",r-.、;/     「顔文字ないと変だわー」
                   ゞ゛ゝ__,.:: ノi       _____
                _,..- .,ノ、゛''-=ニ''"~゛_ー-- ''"~ ___,.ノ
               / ~ ~.\ .,>、: : _,....._____,..、_,.-'"
    r-ーーュ     /  . : : : :/ | /~'"´  ヾ::::... !:tミ>.、
   /.| __|::::::|     i' . : : : :ノ !' "        .ゝfゞ'_i,
  r'-." ._,フ-~,、    r'   ./ !| ’ ,.-''''~~~~~^'''''''>-゛"イ
 / "">!--,/:::ノ=,,,_ .r'    / |/ .,.'/: : : : :   ~゛''": : ,゛'i!
./ . //  ,'::r'__ ィ'/~^フ!/"~、 ,!.^'^ : : :    -.、:-==- :: :|
'- ,,,!:;i  .,':/  !/-- /:ノ    ノゝ、: : : :- '___    :- 、: ::||
.',:::::::;=--イ/  i/  ,!::!' 、: :i ,/   .i、":r- ''''''''''~゛゛'' - ::_____,,i!
..ゞ__::'i,::::::::!,::~^!ト==-:::::!,., ! /     ’,: :',     .\, : : : : :|!
  .\ニー-'!,,,,;:_i!____.!::/ !'!|.i'      .',: :!_,... ----,.r '_ー-.、!,
    .゛-  ,.__'ー---!' ,ノ./       /,.r-!フ'"~/::::|! !::'i rト''iヽf
       ヽ.、______,../x'       .i-!i |!: :!| .|::::::|i !:::! !i <::||

●●●●●●





死の淵から蘇る戦友








          -r- ,、
        .,rヽ ! i |
       ,' ./ ’ ' .!
       |    r "丶  _, ---.、
       .|.、_,__,...r'" /.rr'"~~\.ヽ
       |: : :ゞ: ::|   ! !,| ( _,), レ, ',
       ,|: : : : : ’,  .|ニ=i!.、__,..イ=ニi!
       ト、_ _/|、  |三三三三三!        「オッスオッス!」
       ’,______/',:ヽ ゝ/´-. -`ヾ/          _
        ’,: : :’, ヽ::ヽ/ヽ .~ _,イ       , r・ー~、:ゝ.、
         V: : :',  .',: :', ’、ー-'::":_ニニ=--'": : :丶  |: , ノ
         V: : :   ~゛|  ’-: : : /, ,., .....ヾ): : : : リ /'/
          ゝ、: :>  .| i  ..  ゝ、、_,)-ー'"""~="'"
          / !I _,........,|イ  、  !エ_-_|) _,r'"
           / .',: : : : 人 ~  ト==-.゛''"_.f"
         !  ,.!: : : : : : ヽ ノ: : : : : : : i'.!
         r'"~ .!: : : : : : : : : : : : : : : : : :!
             !: __ : : : : : : : : : : : : : !
             |'     ゛''''''' ー-i'
            .)-----r ====ミ _ ,..|
           r '、!   .| |ェ ヨ^ (!| ヽ!

●●●●




新たなる友






               ___
              , ィ::::::://ヽ
            .,イ:::/:::::/::::/:::::::::::\
            /:f::::f:::::::f:::::f::::::::::::::::::ヽ
             |:::{::::{:::::::{:::::{::::::::::::::::::::::}
             {=={;;;;;;リ=====:::::|
            l:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::||::::j
           ヾ=t、,r======'´::/     「ハァ……ハァ……」
            ヽ::||:::::||::::::::::::::::::/
             .ヽ|l:::::||: : : > ' |
                |  ̄ ¨ ´   |
           , -― {        / `¨ ー- .
       , ィ´    /::ゝ_ , ‐/         > 、_
      /{:::::ヘ.   //三三|| /     >:´:::::::::::/`ヽ
     ./ {:::::::ヘ.  《 ̄ヾ´ ≫ '  >:´::::::::::::::::::::/   ヘ
    /   ∨:::::ヘ  \`> ´ >:´:::::::::::::::::::::::::::{    ヘ
   ./   .∨::::::ヘ       >´:::::::::::::::::::::::::::::::::::|.     ヘ
   /       {::::::::::::\   /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l.       ヘ
  ./      λ:::::::::::::ヽ:´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヘ      ヘ
 /     ./ |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ト、      ヘ

がりがり君






放たれる刺客









ここ不死鳥の城ζPhoenixζを舞台とした物語は
まだ幕を開けたばかりである








次回!


3フレ殴りBIS
2次転全裸剣士
ロトの亡者

奴らは一体何者なんだ…!?

新たなる光、忍び寄る影
光陰渦巻くζPhoenixζ

その先は自分の目で確かめろ!


不死鳥戦隊フェニレンジャー 第2話

  「 神聖? 親分!? ハチ公!!?? ~がりがり君~ 」


来週もお見逃しなく!!


________________________________________




  ∩___∩
   | ノ      ヽ/⌒) SS取る習慣がねーよチクショー!
  /⌒) (゚)   (゚) | .|
 / /   ( _●_)  ミ/    ∩―-、
.(  ヽ  |∪|  /    / (゚) 、_ `ヽ
 \    ヽノ /      /  ( ●  (゚) |つ
  /      /      | /(入__ノ   ミ   そんな君にはプギャーを送ろう
 |       /       、 (_/    ノ
 |  /\ \       \___ ノ゙ ─ー
 | /    )  )       \       _
 ∪    (  \        \     \
       \_)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。